Placeholder image

直帰率を改善するために表示速度が重要な理由と改善方法

普段、ウェブサイトの直帰率をチェックしていますか? 

直帰率が低いサイトは、売上や問い合わせつながりにくくなってしまうという事態にもつながります。サイトパフォーマンスを上げるためには、直帰率の改善が必要です。

今回は、直帰率を改善するために、表示速度の改善が大切である理由をお伝えしていきます。

表示速度が1秒→7秒で直帰率は113%上昇
特にモバイル向けサイトはスピードが命

特にモバイル向けサイトでは、ユーザー体験改善のためのトッププライオリティとして”スピードアップ”が挙げられます。

現状のモバイルサイトがどれほどのろく、表示速度が遅いことがユーザー体験にいかにマイナスを与えているかを調査したデータを Google が公表しました。

Googleによると、モバイルサイトでサイトが完全に表示されるまでに3秒以上かかると53%のユーザーが「戻る」をタップし、表示速度が1秒から7秒に伸びると、直帰率は113%上昇するというデータを発表しました。

モバイルからの検索順位を決める基準としてGoogleがスピードアップデートを施行している現在、ページ表示スピードへの配慮もSEO対策にとって不可避であることは間違いなさそうです。

モバイルページが遅いとユーザーは立ち去る

引用: https://thewirecutter.com/reviews/best-smartphones/

Googleは新しい調査で得た結果に次のように触れています。

  • モバイル向けのランディングページが完全に表示されるまでにかかる時間は22秒
  • 完全に表示されるまでに3秒以上かかると、ユーザーの53%はページを離れる

全体的に、モバイルページはとにかく遅いという問題を抱えます。
という事実にもかかわらず、モバイルユーザーは”速いこと”を求めています。ページ表示に3秒かかると半数以上のユーザーは離脱します。

126カ国でモバイル向け広告のランディングページ900,000を対象とした調査を実施したところ、次のような結果が得られました。

  • 分析したページの70%は、Above the fold(ファーストビュー)の視覚要素が表示されるまでに7秒近くかかった
  • サイトページの全部の視覚要素が表示されるまでには、10秒以上かかった

この結果は、とても多くのモバイルサイトは遅く、さまざま要素で肥大化しているという仮説を立証するような裏付けとなりました。

ユーザーが待つのは2秒まで

ウェブページの読み込み完了までにかかった時間を2017年にpingdamが測定したところ、平均値は3.21秒でした。

そして、各Webページの読み込み完了時間と直帰率およびPV(ページビュー)数との関係を調査すると、目を惹く結果が浮き彫りになりました。読み込み時間が3秒を超えるとPV数がガタンと下がり、直帰率が急増しました

ページの表示にかかる時間が2秒以内だと直帰率は9%ですが、3秒から直帰率がグンと増え、5秒かかると38%に達してしまいました。

このことから、ユーザーがWebサイトから離脱せず閲覧し続けるには、ページの表示を2秒に抑えるというルールを守る必要がありそうです。

参照: https://royal.pingdom.com/page-load-time-really-affect-bounce-rate/

ページ表示速度が検索順位を左右

参照: https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/?hl=ja

誰もがスマートフォンからWebにアクセスする現在、Googleもモバイルサイトにおける表示速度を重視する「スピードアップデート(Speed Update)」という方針を示した。モバイル検索結果の表示順位を決定する際の指標の一つをしてページ表示速度を取り入れる構えを示ました。

もちろん、依然として検索クエリとの関連性が高いことが重視されるアルゴリズムに変わりはなく、読み込みに時間を要するサイトでも上位に掲載されることは起こりうるみたいですが。

なお、このスピードアップデートは、2018年7月より適用されています。

ページを素早く表示するために

参照: https://fastcoding.jp/blog/all/seo/google-pagespeed/

Webページの表示速度をあげる方法として、グーグルは画像とテキストの圧縮を勧めています

サイトにできるかぎりの圧縮を取り入れ、モバイル用Webページの25%は250KB以上もサイズを宿所し、10%は1MBを超えるサイズ縮小が見込めるとしています。とりわけ、旅行、ヘルスケア、通販といったエリアの画像を用いることが多いコンテンツに役立つと思われます。

また、ウェブサイトでターゲットとするユーザーの居住地域に応じ、掲載コンテンツを切り替える手も考えられます。

例として、高速な4Gネットワークが普及している日本ユーザー向けにはリッチなコンテンツを使い、そうでない地域へは軽いコンテンツや圧縮を多用する、といった工夫が効きそうです。

スマートフォンの普及に伴い、モバイルのユーザー体験の向上は、ますます重要度が増すことが予想されます。Webサイトを運営する際のSEOを意識することにおいて、ページ表示速度への配慮を忘れないことが大事になってきます。

まとめ|表示速度を意識して直帰率を改善しよう

Google昨年7月にはスマホ独自の表示速度アルゴリズムが組み込まれました。今後ますます表示速度がユーザ体験に与える影響を増していくでしょう。ぜひユーザーのために表示速度も意識したSEO対策を施してみてください。