Placeholder image

直帰率がSEOにもたらす影響とは?

企業にとってブログやホームページは商品や会社の情報を、幅広い年代に広めるにおいて便利なツールです。

ただ幅広く広めるのに便利といって、その内容が閲覧してくれた人の興味をひかないと意味をなさなくなります。

そこで閲覧してくれた人が興味を引いたかどうかを判別する方法として、SEO用語の一つにある直帰率を紹介します。
目次
  1. 直帰率とSEOの関係
  2. どうすれば直帰率を改善することができるのか
  3. 直帰率は改善の見込みがあるという証

直帰率とSEOの関係

企業にとって立ち上げたサイトの直帰率が高いとどういうデメリットがあるのかというと、検索用語の一つにあるSEOに多大な影響を与えてしまうことです。

SEOとはヤフーやグーグルといった検索専門会社にブラウザーなどからアクセスしたときに、そのブラウザーの検索欄に情報を打ち込むと次のページには打ち込んだ情報が記載されているページが一覧として表示されるものです。

SEOはリスティング広告という形で検索専門企業に出資することで検索欄上位に配置することも可能ですが、基本的に、検索欄の上位に入るためには、いかに閲覧者のニーズにこたえられているかが重要になります。

閲覧者のニーズにこたえられているのかを判別する方法として、ヤフーやグーグルでは定期的に自動識別ツールを使ってユーザーの評価を調べます。

この自動識別ツールがユーザーの評価を調べるときに、1ページごとの直帰率や滞在時間の平均を割り出して記録するのです。

この自動識別ツールが調べた結果として、直帰率が少なくて滞在時間が事前に記録しておいた平均に近いもしくはそれ以上の時間になっていることがわかれば、注目されているサイトということが判別されます。

ここで判別されれば、最新の情報を発信する優良サイトとして認定され、検索欄の上位に入ることができるというが流れになるのです。

どうすれば直帰率を改善することができるのか

SEOに影響を与えてしまう直帰率を改善することが、自ずと情報を発信する企業に興味を持ってもらえる数を増やすことに直結するのです。

この直帰率を改善するためには、まずグーグルアナリティクスなどの、訪問数などを判別できる分析サイトと提携をして、現在の状況を見極めます。

ここで訪問数だけでなく、直帰率や離脱数そして閲覧者の平均年齢などを調べることができれば、立ち上げたサイトの状況をある程度把握することができるのです。

もし予算があれば有料の分析サイトに依頼すれば、より細かい情報を調べることができるので利用することを推奨します。

分析サイトで調べてみて各ページの直帰率といった情報がわかれば、そのページの内容が顧客が望む情報源に成り得ていないことがわかるのです。

そこで直帰率が高くなっているページに対して、例えば細かい写真を掲載したり、一つのキーワードをより細かく記すなどの改善を行います。

それ以外にも外部リンクを構築したり、関連記事の記載や起承転結を重視するなど工夫をすると直帰率を下げることにつながるのです。

直帰率は改善の見込みがあるという証

企業にとってブログやホームページは商品や会社の情報を幅広い年代に広めるにおいて便利なツールですが、当然ながら閲覧者に興味を持ってもらわなければ意味がないです。

その興味を持ってもらえているのかを判別するにおいて、直帰率を見ることで分かります。

直帰率が高いということは、それだけサイトの内容が閲覧者にとって有益な情報になり得ていないことがわかるので改善すれば閲覧数を伸ばすことにつながります。