Placeholder image

直帰率が高いサイトの共通点とその改善方法を解説

サイトを運営していると、自身のサイトがユーザーにどのように評価されているのか気になるものです。

Google Analyticsを使用すると「直帰率」が示されます。
直帰率が高いということは、ユーザーにとってそのサイトが有益ではなかったということになります。直帰率を下げて、よりユーザーにとって魅力的なサイトを構築する方法を確認していきます。

直帰率の高さはサイト改善のヒントになる

直帰率とは、ユーザーがサイトを訪問した際に1ページを見ただけで、直ぐに他サイトへ移ってしまうか、もしくはブラウザを閉じてしまう率です。

つまり直帰率が高いということは、サイトを訪れたユーザーにとって、そのサイトが魅力的ではなかったということを意味します。

ですから直帰率が低ければ低いほど、そのサイトは多くのユーザーにとって有益な情報を含んだページと評価されることになります。最初に辿り着いたページ(以降ランディングページ)を見ただけで、必要がないと判断され、サイト内の他のページを回遊してもらえないということはサイト改善の余地があるということです。

直帰率の高さを改善するためには、ユーザーがどのようなキーワードで自身のサイトを訪問しているのかを知る必要があります。

サイトを構築する際、狙ったキーワードをメタタグやディスクリプションに組み込んで、検索順位を上げるようSEO対策を施していると思いますが、そのキーワードとサイトの内容が合致していなければ、ユーザーは離れてしまいます。Search Consoleを使用するとユーザーがどんなキーワードで自身のサイトにヒットしたのかがわかります。

必ずしも自身が意図したキーワードではない場合もありますが、このキーワードによって訪問してくれたユーザーがいるという分析から、サイトに埋め込むキーワード改善のヒントになります。

また狙ったキーワードでヒットしてくれたユーザーが離れてしまう理由は、サイトの内容がキーワードと関連が薄いと判断されてしまうことにあります。であればサイトのコンテンツをリライトすることで直帰率を下げることができるのではないかと考えられます。もちろんコンテンツのリライトは一定の効果を上げる可能性がありますが、訪問してくれる全てのユーザーに対応することはなかなか困難です。

したがってランディングページにはキーワードを適切に埋め込み、そこへ他のページへ誘導するようなバナーやリンクを配置することが有効な解決策になります。

つまり1ページで直帰率を下げようとするのではなく、サイト全体で魅力的な内容にしていくという発想です。これなら多くのユーザーにとって、それぞれに必要なページが用意されていますから、全体として直帰率を下げることができます。

例えばある病気について調べている人にとって必要な情報は、その原因かもしれませんし、改善法かもしれません。また定評のあるクリニックかもしれませんし、再発予防策かもしれません。それら全てをランディングページに組み込むことはできませんから、構造ごとにページを用意する必要があります。それが結果的に直帰率を下げ、サイトの魅力を高めることにつながります。

なお初歩的な改善点としては、スマートフォンユーザーのためにサイトをインタラクティブデザインにしてモバイルフレンドリーにしたり、不要なアニメーションや動画などを廃して読み込みの速度を上げるなども考えられます。

高い直帰率はサイト改善の道しるべです

直帰率が高いことはサイトの魅力のなさを表しています。一般に適切な直帰率は30%から40%ほどとされています。

自身のサイトがこの数値を上回っているなら、それはサイト改善のシグナルです。キーワードの見直し、サイトのページ構成の練り直しなどが必要ですが、独りよがりで判断するのではなく、Google AnalyticsとSearch Consoleを使用して、刻一刻と変わっていくユーザーの動向をしっかりと把握する必要があります。