Placeholder image

ユーザーのエンゲージメントを上げる施策をまとめて解説!

ユーザーとのエンゲージメント率を上げることは、支持をしてもらうために重要なポイントです。

しかし、エンゲージメントを上げる方策は、闇雲にやっていても難しい場合があります。

そのため、どうすればエンゲージメント率が上がるかを、理解してから行う必要があるのです。

ここではエンゲージメント率を高める施策を解説していきます。
目次
  1. ユーザーのことを考えてエンゲージメントを高める
  2. ユーザーとの関係を考慮する
  3. コンテンツの出す方法を考える
  4. エンゲージメントを上げる施策のまとめ

ユーザーのことを考えてエンゲージメントを高める

投稿回数を増やす

基本的に投稿回数が多いと、ユーザーが見るコンテンツが増えるので、エンゲージメントが高くなることになります。

しかし、投稿回数が多過ぎると、投稿に嫌悪感を抱くユーザーも少なくないです。

例えば、1時間ごとに友達からラインが来ても見ないという状況に近いです。

投稿を楽しみにしている人でも、多すぎると嫌になってしまうのです。

コンテンツ内容を作り込む

面白いコンテンツであれば、見るユーザーも楽しめますし、さらに拡散してくれる可能性もあります。

楽しいことを友達とシェアしたいという欲求があるため、拡散してくれるのです。

共有することによって、エンゲージメントはさらに高まるでしょう。

投稿時間を考える

これはユーザーが見やすい時間に投稿することが大事だということです。

新しい投稿があっても真夜中では、すぐに見れない人も多いです。ユーザーがよく見ている時間帯を見計らって投稿しましょう。

ユーザーに合わせた発信を心がける

ユーザーが求めていないことを投稿しても見てもらえる可能性は低いです。見たくなるような投稿を心がけるとエンゲージメントが高くなります。

ユーザーとの関係を考慮する

エンゲージメントを上げるにはユーザーとの関係が重要です。

そのため、ユーザーとのコミュニケーションを大切にしましょう。

ユーザーとのコミュニケーションは色々な方法で取れるでしょう。

例えば、コメントを返すことなどです。エンゲージメントを高めるためにはユーザーの心をつかむ必要があります。

リアクションを行う

リアクションがないとユーザーは無視されていると感じることも多いです。

できる限り丁寧に扱っているとユーザーに思ってもらうことが重要になります。

そして、そのように行動してくれたユーザーに対しては、お礼をすることを忘れないようにしましょう。

お礼をしてもらうとユーザーはもっと応援しようとします。

ユーザーに質問する

意見がある人は声をあげられますし、意見が採用さると喜んでもらえます。質問を投げ掛けてみると反響が分かるので、ユーザーが思っていることなども把握できます。

ユーザーが感じていることが分かれば、次からの投稿を変えることもできるでしょう。

先行公開する

もう一つあるエンゲージメントを高める施策は、先行公開などでユーザーに特別感を味わってもらうことです。

ユーザーは特別な扱いをされると喜ぶ傾向があります。

そうなるようにイベントなどを用意すると、ユーザーとの絆は強くなるでしょう。

コンテンツの出す方法を考える

エンゲージメントを上げる施策として、コンテンツの展開を幅広く行うことです。

動画配信、Twitter、Facebookなど様々な手段があります。それぞれにメリットがありますので、ユーザーが支持しやすい方法があるのです。

できれば、幅広いユーザーが支持できるように色々な展開をしておくとエンゲージメントが上がるでしょう。

エンゲージメントを上げる施策のまとめ

エンゲージメントを上げるためには、投稿する側がユーザのことを考えて投稿する必要があります。

また、ユーザーとの関係を考えて投稿することも大事です。

ユーザーが支持したくなるようなことを行うと、エンゲージメントは上がるでしょう。

さらに、コンテンツを出す方法を考えることも重要です。エンゲージメントを高めるためには、ユーザーから応援してもらえる状況を作ることが大切なのです。