Placeholder image

モバイルサイトとアプリの違いとは?それぞれ比較しながら解説

スマートフォンやタブレットの普及によって、自宅外でも気軽にインターネットが使えるようになっています。

そんなインターネットを使える環境の利便性を上げるために、日々新しいモバイルサイトやアプリが開発されているのです。

この2つは自宅外でのインターネットの使用で重要な役割を担っているのですが、その明確な違いを知る人は少ないです。

そこでモバイルサイトとアプリの違いと、双方のメリットを紹介します。
目次
  1. モバイルサイトは移動端末のために簡略したもの
  2. アプリは専用ページを作成すること
  3. 情報収集が目的とするか単一の情報を求めるかの違い
  4. うまく使い分けるのがコツ

モバイルサイトは移動端末のために簡略したもの

モバイルサイトというのは、外出するときに持っていくスマホやタブレットで情報を検索するために使う、パソコンのブラウザーサイトを簡略化したものです。

ブラウザーサイトというのは、ヤフーやグーグルなどが運営する検索専門ページのことであり、検索専門ページにある検索欄に入手したい情報を打ち込むことで手軽に情報を調べることができます。

パソコンで使うブラウザーサイトとモバイルサイトの違いというのは、簡単に言えば情報量の違いです。

パソコンのブラウザーサイトの場合は、検索欄だけでなく提携している企業の広告や金融のファイナンスや占いなど色々なサービスを掲載しています。

ブラウザーを立ち上げた時に一度に膨大な情報をページに記載できるのは、パソコンの容量の大きさによって処理が出来ているからです。

いくら年々進化を遂げているスマホやタブレットといっても、まだパソコンほどの処理能力には達していないので同じ情報量を送ってしまったら読み込みが遅くなるもしくは読み込みそのものができないなど不具合を起こしてしまいます。

そこでモバイルサイトは外出先でも同じように検索して調べられるように、検索欄はそのままに必要な情報と必要ではない情報を分けることで簡略したのです。

この簡略化したことによって、スマホやタブレットの処理能力であってもスムーズに閲覧ができて検索することができるようになります。

そして必要ではない情報の部分は、検索欄に情報を記載しアクセスすることでこれまで通りに利用することが可能です。

アプリは専用ページを作成すること

アプリというのは、グーグルやヤフーなどの検索企業とアンドロイドやアイフォーンなどのオペレーションシステムを作る企業が、専用のショートカットアイコンを作ることです。

なぜショートカットアイコンを作ったのかというと、やはり検索に対する利便性を上げるのが目的です。

従来の方法だと、必要な情報を入手したい場合、ヤフーやグーグルなどのブラウザーを立ち上げてその中にある検索欄に情報を入力して検索をかけます。

検索をかけると情報が記載されているトップページが乗るので、その中にある専用サイトにアクセスして利用するという流れになります。

日常生活で同じサイトを何度も使う機会があると、いちいちブラウザーを立ち上げて情報を入力して専用のページを探してアクセスするというのは意外に手間がかかってしまうのです。

そこで従来の一連の流れを省略化してスマホやタブレットの利便性を上げるために、アプリを作ることによって何度も使うサイトの検索欄に情報を入力することなく一気に入ることができます。

情報収集が目的とするか単一の情報を求めるかの違い

モバイルサイトとアプリの違いは、複数の情報収集が目的とするか単一の情報を求めるかの違いといえます。

モバイルサイトの場合は、一度起動しタグを複数個作れば数多くの情報を入手することができます。

その点アプリであれば、自身が本当に望む情報にショートカットできるので商品購入をするときに使う場合だと便利です。

うまく使い分けるのがコツ

モバイルサイトはパソコンで使うブラウザーサイトを使いやすくなるように簡略したもの、そしてアプリは何度も利用するサイトに一度でアクセスが出来るためのショートカットが役目です。

アプリはショートカットが出来るので便利ですが、掲載されている情報を調べるのには向いていないです。

そこで詳細情報を知りたいときには、モバイルサイトを使うという形で使い分けをするのが大事といえます。