Placeholder image

ページ平均滞在時間の長さはSEO対策に効果的なのか?

検索エンジンから多くのユーザーに訪れてもらうために、SEOに取り組むのは必然になります。SEO施策には様々なものがありますが、ページ平均滞在時間はどうなのでしょうか。
ページを長い時間見てもらうには、豊富なコンテンツがいるため制作に時間がかかります。
無駄な作業をしないためにも、ページ滞在時間がSEOに効果があるのか理解が必要です。

目次
  1. ページ滞在時間計測方法とページ平均滞在時間によるSEO効果の有無
  2. ページ平均滞在時間の増加はSEOに好影響
  3. ページ平均滞在時間を増やす方法の1つを紹介
  4. ページ平均滞在時間を延ばせば、SEOにも間接的な効果はある

ページ滞在時間計測方法とページ平均滞在時間によるSEO効果の有無

ページ滞在時間はどのように計測されているのか、計り方を見ていきます。ページ滞在時間は、基本的にコンテンツ内のページに来てから次のページへ飛ぶまでの時間です。しかし、そのコンテンツで最後に閲覧されたページは0秒とカウントされてしまいます。

そのため最初の1ページしか見られなかった場合、滞在時間は0秒となるのです。滞在時間を計測してもらい増やしていくには、ページは複数用意し他のページも読んでみたいと思わせる工夫が必要になります。

ページ平均滞在時間とSEOの関係を公式に認める発表はされていません。そもそも検索エンジンのアルゴリズムは非公開とされているため、本当のところは分からないのです。

検索エンジンのアルゴリズムを推測している専門家も、ページ平均滞在時間は要因の中に含まれていないと見ています。

その理由は、ページに滞在する時間は不当に操作される可能性が高いからです。もっとも、サイトの中身が適正かどうか確かめるのに使われているとされており、間接的に影響はあると言われています。

ページ平均滞在時間の増加はSEOに好影響

ページ平均滞在時間とSEOの間には直接の関係はありませんが、滞在時間を増やすための作業は、SEOに良い効果があります。訪問者に長く滞在してもらうには良いコンテンツを複数用意しなければなりません。

誤字脱字や文法間違いを減らし、キーワードに沿った文章は高評価につながるのです。1ページの文字数を重複なく増やし、新しい情報へとこまめに更新しておくことも評価に直結します。読み手が欲しい情報を考えたサイト作りを心がけるのが大切です。

読みやすいデザインも大切になり、不要なタグが多かったりすると読みにくくSEOにも直接悪影響がきます。逆に効果的な動画や写真、イラストは良い影響を及ぼします。

モバイル端末の画面表示はスマートフォンでの検索が多数派となった2019年現在、よりSEOにおいて重要となっているのです。使い勝手の良いデザインを考えるときは、スマートフォンでの表示に力点を置きましょう。

ページ平均滞在時間を増やす方法の1つを紹介

サイトの読み込み時間はSEO決定要因になっており、遅いとマイナスの評価を受けてしまいます。長い読み込み時間のせいで訪問者もイライラして他のサイトに行ってしまい、ページ平均滞在時間が減少する恐れも高いのです。

読み込み時間0.1秒の増加で、1%の売上がダウンするというデータもあります。そんな読み込み時間の短縮に効果が期待できるのが、アプリとwebページの両方の特徴を併せ持つPWAになります。一体どんなものなのでしょうか。

PWAはモバイル向けサイトがアプリを開くように使える構造になっています。ホーム画面にアプリのように設置でき、ブラウザを開く手間を省いているのです。アプリではなくホームページなので、審査を通過することなく送り出せてOSごとの対応も必要ありません。

キャッシュ機能を利用可能な設定にすれば、高速でページ閲覧ができるのです。この設定を利用して通信してもらえば、SEO向上も同時に実現できます。モバイル通信を快適にし開発者サイドの労力も減らせるPWAは、アプリに代わる存在になるかもしれません。

詳しく知りたい方は、ぜひこちらの記事もご覧ください。

Progressive Web App — PWAのメリット

https://pwanext.com/progressive-web-app-e2-80-8a-e2-80-8apwa-e3-81-ae-e3-83-a1-e3-83-aa-e3-83-83-e3-83-88

Progressive Web App — PWAのメリット

ページ平均滞在時間を延ばせば、SEOにも間接的な効果はある

ページ平均滞在時間を増加させれば、コンテンツの中身と量を充実させる面でSEOに効果を発揮できます。

検索者の悩みや疑問に答えられる優良なコンテンツを作れば、専門性も高まり直帰率も下がるのです。

ページ平均滞在時間が増加すればクリックや購入をする確率も高まるため、CTAやCVRにもおのずと良い効果をもたらしてくれます。