Placeholder image

サイト改善の指標になる、ページ平均滞在時間の目安とは

webマーケティングに力を入れる時に重要になってくるのが、ページ平均滞在時間です。
多大な労力と時間を割いてwebサイトを製作しても、閲覧者が滞在してくれなければ意味がありません。
マーケティングを成功させるためには、サイト内の内容やデザインを充実させる事も必要ですが、滞在時間を伸ばすのも重要なポイントとなるでしょう。

目次
  1. webマーケティングを成功に導くカギの一つはページ平均滞在時間
  2. ページ滞在時間は閲覧者の興味そのもの 滞在時間の目安は?
  3. ページ平均滞在時間を長くするには
  4. webマーケティングに目を向けるならページ平均滞在時間にも

webマーケティングを成功に導くカギの一つはページ平均滞在時間

パソコンやスマートフォンが普及している現代では、世界中の人々が様々な情報を知る事ができます。

大勢の人に手早く情報を伝えたいならば、webマーケティングに力を入れると良いでしょう。

企業の知名度を上げたい時や、商品やサービスを宣伝したい時などは、webサイトの運営に力を入れると、企業の成長に繋がりやすくなります。

そのような時代背景の中で、webマーケティングに注目する企業が数多く出てきましたが、試みた方法の全てが成功するとは限りません。

思ったような効果を得られなかったり、逆効果になってしまったという企業も少なくないでしょう。十分な知識が無いままに手を出してしまったために、大きな損失を出してしまった企業もあります。

webマーケティングで成功すれば効果が出やすいですが、成功させるためにはしっかりとした知識と危機感をもってサイトの管理に臨む事が重要になるでしょう。

webサイトを運営する際、多くの人は内容量や情報の正確性、デザインやサイト構成などに目が向きがちです。サイトが出来上がった後ならば、直帰率が気になる場面も増えてくるのではないでしょうか。

しかし、それらの要素はもちろん重要な事ですが、ページ平均滞在時間に目を向けてみるのも大切だと言えるでしょう。

なぜなら、webマーケティングを成功に導くカギの一つはページ平均滞在時間に存在しているからです。

ページ滞在時間は閲覧者の興味そのもの
滞在時間の目安は?

ページ平均滞在時間は閲覧者の興味そのものを表した数字だと言っても良いものです。

滞在時間が長ければ長いほど、サイトに興味を持ってくれているという事になり、短ければまったく関心をもってもらえなかったという事になります。

そうなってくると、ページ平均滞在時間をどれだけ長く伸ばせるのが重要です。

webページに滞在してくれる時間が長ければ、それだけ他の商品やサービスに目を向けてくれる可能性が高くなり、印象に残りやすくなります。

作ったwebページの滞在時間が低かった場合は、サイトの内容を一度見直してみる必要があるかもしれません。

企業の利益に深く関わってくるページ平均滞在時間ですが、目安となる時間が分からなければしっかりとした対策をとる事ができません。

どれだけの時間そのサイトに留まってくれるのが普通であるのかは、知っておくことをおすすめします。

通常は1分から1分半あたりが平均時間になります。2分を超えると、長いと判断されるでしょう。

ページに滞在している時間が2分以上になれば、内容が多くて質の良いページという評価になります。

短いように感じますが、隙間時間や休憩時間などにぱっと見られる手軽さが求められている現代では、これだけの時間でも滞在が長いと判断されるのです。

よく耳にする有名ブログなどでは、目安時間を超えて閲覧者が滞在しているサイトもあるため、たった数分留まってもらうだけでも苦労するのでしょう。

ページ平均滞在時間を長くするには

ページ平均滞在時間を長くするには様々な方法に目を向ける必要があります。webサイトに掲載されている質や内容の正確性、デザイン性に気をつけるのはもちろんの事、何度も更新して最新の情報が分かるようにするのも大事なポイントです。

きちんと作られたwebサイトであっても、変わりばえのない情報を載せたままでは、いつか飽きられてしまいます。定期的にサイトを更新する事によって、リピート率を上げたり、新たなファンの獲得に繋げる事ができるでしょう。

また、手っ取り早く滞在時間を伸ばしたいならば、動画を利用する方法があります。動きのあるコンテンツは目を引きやすいですし、注目してもらえると動画の終わるまでは留まりやすくしてくれます。

必ず成功する方法ではありませんが、滞在時間を伸ばす要素としては、使い勝手の良いコンテンツです。

webマーケティングに目を向けるならページ平均滞在時間にも

webマーケティングに目を向けるならページ平均滞在時間に注意を払いましょう。閲覧者の数だけに注目していては、うまくいきません。

訪問してくれた人達がきちんとサイトの内容に目を通してくれたかどうかを、きちんと確かめる必要があります。滞在時間が短いようなら、サイトの構成や内容を変えて、工夫してみると良いです。