Placeholder image

サイトリニューアル時に気を付けるべき注意点

サイトリニューアルをした時には、どんな所に気をつけることが大事なのでしょう。SEO対策を怠ってしまうと、アクセス数が減ってしまったり、検索エンジンに反映されなかったり、様々なトラブルに悩まされてしまいます。大切なのは、事前に対策を行っておくことです。ここでは、サイトリニューアルをした時に気をつけなくてはいけないことを紹介します。
目次
  1. サイトリニューアルする前にはコンテンツ量を確保しておこう
  2. サイトリニューアルした時には、URLに気をつける
  3. サイトリニューアルには、内部リンクとアンカーテキストに気をつける
  4. サイトリニューアルで気をつけることはユーザー目線

サイトリニューアルする前にはコンテンツ量を確保しておこう

サイトリニューアルする時に気をつけることは、コンテンツ量の確保です。サイトリニューアルをした時に考えられるのは、古いサイトから新しいサイトへと移行する時にテキストが多いからとデータを削除してしまうことです。

必要なデータだけを部分的に移行した結果、コンテンツそのものが減少してしまうことに繋がります。コンテンツが減少した結果、大切な情報の一部が欠落してしまうというトラブルが想定されます。

情報の一部が欠落したことにより、知りたい情報を全て知ることが出来なくなり、結果としてアクセス数を減らす原因になってしまいます。

コンテンツの移行で大切なのは、古いサイトで使用していたテキストや画像を、ページごと移行させるということです。ページごと移行することにより、情報の一部が欠落するということはありません。アクセス数を減らさない事こそ、SEO対策で大切なことです。

サイトリニューアルした時には、URLに気をつける

サイトリニューアルした時には、URLがちゃんと正規化出来ているかどうかを気をつけることが大切です。この作業を怠ると、検索エンジンで検索した時に、コピーコンテンツと判断されてしまうということがあります。

なぜ、コピーコンテンツと疑われるのかというと、ドメイン表記の一部が異なるだけで、複数のページと判断されてしまうからです。URLを正規化する理由は、こうしたトラブルを防ぐ為なのです。評価が分散してしまうと、全体的な評価には繋がりません。複数のドメインを使用している時には、忘れずに行っておきましょう。

URLの正規化を行うには、重複ページがある場合には、canonical設定を行う必要があります。この設定を行っておくことで、重複ページの中からでも、正規のページとして判断してもらえるのです。更に、重複ページがあっても強制的に転送することが出来る301リダイレクトもあります。URLの正規化はサイトリニューアルをスムーズに行う為にも必要なことです。

サイトリニューアルには、内部リンクとアンカーテキストに気をつける

サイトリニューアルした時には、内部リンクにも気をつけることが大切です。内部リンクとは、サイト内のページ同士を繋ぐことです。この作業を怠ってしまったが為に、ユーザーへの利便性が悪くなり、結果として評価を下げてしまいます。

サイトリニューアルした時に、内部リンクを最適化しておくことで、検索エンジンを巡回しているクローラーに見つけてもらうことが出来ます。このことにより、Googleから評価されアクセス数を伸ばす効果に繋がります。

そして、この時に内部リンク内のアンカーテキストにも気をつけることが大切です。アンカーテキストはSEO対策においても、とても大切なことです。アンカーテキストを設定する時の注意点は、ユーザーが見た時に、リンク先のページを分かりやすくすることです。

分かりやすいように、アンカーテキストにキーワードを入れておくのがポイントです。ですが、注意しなくてはならないのが、あまりにもたくさんのアンカーテキストを貼りすぎると、逆効果へと繋がる可能性があります。

サイトリニューアルで気をつけることはユーザー目線

サイトリニューアルで気をつけることは、常にユーザーの立場になって考えるということです。ユーザーにとって使いやすいサイトというのは、欲しい情報がすぐに手に入るということです。その為にも、事前の設定を怠ってはいけません。ユーザーが使いやすいサイトを作ることで、自然と検索エンジンの順位が上がっていくのです。