Placeholder image

コンテンツマーケティングにおける直帰率の重要性を解説

直帰率という言葉を聞いた事がありますか?
文字通り、サイトを訪れたユーザーが直帰した割合の事です。この直帰率が高ければ高いほど、そのサイトには問題点がある可能性があるという事です。コンテンツマーケティングにおいて、直帰率を少しでも減らす事が大切になります。そこで、なぜ直帰率がコンテンツマーケティングにとって重要なのかを説明します。
目次
  1. 直帰率とコンテンツマーケティングの関係
  2. 直帰率が上がってしまう理由
  3. 直帰率を下げる方法
  4. 直帰率がコンテンツマーケティングを変える

直帰率とコンテンツマーケティングの関係

直帰率がコンテンツマーケティングにとって重要となる理由は、直帰率によりユーザーの満足度が分かるからです。

コンテンツマーケティングは、ユーザーが知りたい情報や為になる事を紹介し、その結果、商品やサービスの購入へと繋がるのです。直帰率が高いという事は、ユーザーはサイト閲覧後すぐに興味をなくしてしまった可能性があるのです。

コンテンツマーケティングにとって、ユーザーが長く滞在してくれる事が購買意欲に繋がる為、直帰率が重要なのです。

直帰率は、コンテンツマーケティングにとって、バロメーターのような存在なのです。日頃から直帰率をチェックする事で、コンテンツマーケティングの充実さをはかる事が出来るのです。もし、直帰率を知らないままでいたら、コンテンツマーケティングを改善する事なくユーザー離れを止める事が出来ません。直帰率を常にチェックするようにしましょう。

直帰率が上がってしまう理由

直帰率はなぜ上がってしまうのでしょう。それは、バナータイトルと中身に大きな差が関係しているからです。

例えば、バナータイトルにダイエット方法と書いてあっても、実際にサイトを開いたらダイエット商品やジムの宣伝だったら、ユーザーはすぐに興味を失い、別のサイトへと離れてしまいます。ユーザーにとって大切なのは、欲しい情報をすぐに手に入れる事が出来るかどうかなのです。企業とユーザーの目的の違いが、間違ったコンテンツマーケティングを作り出してしまうのです。

企業の目的は商品の購入です。少しでも多くのユーザーの購買意欲を高める為に、商品の宣伝やサービスの紹介に力を入れてしまいます。ですが、ユーザーの目的は商品を知る事よりも、有益な情報を知る事なのです。

直帰率が上がってしまう背景には、こうした考え方の違いが大きく関係しているのです。企業は、まずはユーザーが求める情報を中心にコンテンツマーケティングを考えるようにしましょう。

直帰率を下げる方法

コンテンツマーケティングにとって重要なのは、直帰率を下げる事です。では、具体的にどのような方法を行えば直帰率を下げる事が出来るのでしょう。それは、ユーザーの探求心を意識する事です。

ページを読んでいたユーザーが飽きてしまい、ページを離れようとした時に、興味があるタイトルのリンクを見つけたら、やはり知りたくなってしまうものです。その為には、コンテンツマーケティングの内容と関連するリンクを貼っておく必要があります。

この時に内容以外で気をつけたいのが、リンクのデザインです。色や大きさを工夫しなくては、リンクを貼っても興味を持たれる事はありません。

例えば、関連リンクの文字が薄かったり小さかったりしたら、ユーザーはリンクにすら気がつかないまま、素通りてしまいます。大切なのは、ユーザーが見た時に、パッと目を引くような色や大きさを心がける事です。

ユーザーの興味を途切れさせない事で、直帰率を下げる事に繋がりますし、購買意欲にも大きく関係してきます。

直帰率がコンテンツマーケティングを変える

何よりも大切な事は、ユーザーの意識を知る事です。ユーザーが何を求めているのか知らなくては、良いコンテンツマーケティングを作る事は出来ません。

どのような内容のコンテンツなら最後まで読んでもらえるのか、関連リンクを貼る時にはどんなリンクを貼れば良いのか、デザインはどんな風にすれば目立つ事が出来るのか。それぞれ工夫する事が、直帰率を下げる事へと繋がるのです。