Placeholder image

プッシュ通知の平均開封率は?効果を最大化するには?まとめて解説!

スマートフォンを所有している人の中で、プッシュ通知を見たことが無い人は少ないでしょう。

なぜなら、スマートフォンに予めインストールされているアプリが更新された時ですら、逐一知らせてくれるからです。

つまり、プッシュ通知を拒否する設定でもしない限り、大抵の場合はアプリから通知が来るようになっています。このようなプッシュ通知の特徴を利用すれば、きっと効果的なWebマーケティングを行うことが出来るでしょう。
目次
  1. プッシュ通知平均開封率はかなり高い
  2. プッシュ通知の効果を最大にするにはこうしよう!
  3. 開封率の高いプッシュ通知は通知の仕方が大事!

プッシュ通知平均開封率はかなり高い

アプリケーションに変化があった時にスマートフォン上に表示されるプッシュ通知ですが、このプッシュ通知の平均開封率について2016年に行われた調査があります。

これはジャストシステムが行ったもので、スマートフォンを所有している10代から50代の男女1000名を対象に行われました。

それによると、プッシュ通知を開封してその内容を確認する人の割合は93.7%もあることがわかりました。

また、プッシュ通知は音や表示で知らせてくれるものなので、リアルタイムで通知に気付くかは別として、通知があること自体に気付かない確率はかなり低いでしょう。

スマートフォンに送ることのできる販促方法としては他にもメルマガ配信がありますが、こちらの開封率は10%以下とも言われているので、プッシュ通知の開封率の高さは際立っています。

このような特徴を持つプッシュ通知を利用して、自社のアプリでセールの開催を知らせたり、クーポンを配信するといった集客や販売促進の方法などが考えられます。

プッシュ通知の効果を最大にするにはこうしよう!

まず大事なのは、プッシュ通知をすることを許可してもらうことです。そもそも、ユーザーに通知を許可してもらわなくては、通知を送ることすら出来ないからです。

しかし、多くのアプリが初回起動時にプッシュ通知の許諾を求めるので、そのアプリの有用性をわかってもらう前に通知を拒否されてしまう可能性があるのです。

そのため、まずはアプリを利用してもらってそのアプリの有用性をわかってもらってから、通知の許諾を求めるのが良いでしょう。また、プッシュ通知を継続して行うことも大事です。

なぜなら、毎日プッシュ通知を行っていたアプリが急に通知を行わなくなると、その日以降アプリへのアクセス数が減ってしまったというケースがあるからです。

多くの人はスマートフォンにたくさんのアプリがインストールされているので、アプリへアクセスするきっかけがプッシュ通知であるのならば、プッシュ通知が無くなった途端にアクセスしなくなるのは当然のことと言えるでしょう。

但し、定期的にプッシュ通知を行うにしても、毎回同じ内容にしてはいけません。

それは、毎回同じプッシュ通知を送ってしまうと、アプリ自体をアンインストールしてしまう人が一定数いるからです。

さらに重要なのは、プッシュ通知を送る時間帯です。最も多くの人がアプリにアクセスするであろう時間帯に通知を送れば、多くの人がその通知内容をチェックしてくれる可能性が高いです。

例えば、自社のアプリにアクセスしている人のピーク時間が通勤時やランチ時であれば、その時間帯にセールのお知らせやクーポン配布を行うことで、より多くの人がそれらを利用してくれるかもしれないのです。

もちろん、通知の内容自体もよく考えなくてはいけません。ジャストシステムが行った「ECプロモーション別の消費行動調査」によると、開封したくなるプッシュ通知の内容で最も割合が高いのは割引クーポンで、セール情報とポイント倍増がそれに続きました。

つまり、そのアプリを利用しているユーザーに何らかのメリットがあれば通知を開封する確率が高いのです。

開封率の高いプッシュ通知は通知の仕方が大事!

いくら開封率の高いプッシュ通知を利用しても、効果的な方法で行わなければ通知を見てもらえない可能性が高くなります。

しかも、最悪の場合はアプリをアンインストールされる可能性すらあることがわかりました。

そのため、通知の許諾を問うタイミング、継続性、通知内容、通知を出す時間など、どの項目も欠かすことなく通知を送ることが肝要なのです。