Placeholder image

アプリの必要性は?アプリをつくるメリット・デメリットを解説!

アプリ制作をすることはPWAやwebマーケティングにとって必要なのかどうか判断が難しいですよね。

制作しても効果がなければ意味がありません。そこで、アプリ制作がもたらすメリットやデメリットにはどのようなものがあるのかを説明します。

アプリ制作を考えているなら、まずはメリットとデメリットを知ってからでも遅くはありません。
目次
  1. アプリ制作のメリット
  2. アプリ制作のデメリット
  3. アプリ制作の必要性
  4. アプリ制作は、メリットとデメリット両方から検討

アプリ制作のメリット

アプリ制作は企業の発展に役に立つのでしょうか。そこで、アプリ制作のメリットを説明します。メリットを知る事で、デメリットへの対処法を考えることも出来るのです。

簡単にアクセス可能

アプリのメリットは、なんといっても簡単にアクセスが可能になるという点です。ネットからサイトを見る場合、ブラウザを起動させてから目的のサイトを検索して、やっと繋がります。

ですが、アプリを使えばアイコンをタップすればすぐにサイトに移動することが出来るのです。ほんの数秒の違いですが、サイトを利用しているユーザーにとってこの差はかなり大きいものです。

ブランディング効果

アプリを制作することで、企業のブランディング効果を高めることも可能なのです。特徴的なデザインを取り入れることで、アプリを一目見ればどの企業のサイトなのかすぐに分かります。

常にアイコンが視界に入る為、ついついサイトにアクセスしてしまうのです。そして、アプリで急成長に成功した企業もあるのです。

アンドファクトリーはマンガアプリ「アンドコミックス」を開発して、その知名度を伸ばし設立から4年で東証マザーズ市場へ上場を果たしました。まさにアプリによるブランディング効果の成功例と言えるのではないでしょうか。

アプリ制作のデメリット

アプリ制作のメリットは、その使い安さとブランディング効果など企業の成長には欠かせないものばかりです。

ですが、メリットの陰にはやはりデメリットがあるものです。そこで、デメリットについても説明します。

メリットとデメリットの2つの面から検討する必要があるのです。

開発や維持には費用がかかる

アプリ制作にはかなりの費用がかかります。自社で開発出来る企業は良いですが、そのノウハウがなければ外部に発注しなくてはなりません。

更にアプリが完成してもその機能がずっと安定しているとは限りません。

ユーザーがトラブルなく使用する為には、常に更新しておく必要があるのです。その度に費用がかかりますので、企業にとってはかなりのデメリットです。

ダウンロードされない

せっかく高い費用をかけてアプリ制作をしてもダウンロードされなくては意味がありません。

ですがユーザーにとってはアプリに対する警戒心がある人もいて、ダウンロードまでにはかなり時間がかかる場合があります。

ダウンロードを促す為にSNSを活用したり、メルマガを活用したりして、ユーザーへアピールしなくてはなりません。

アプリ制作においてのデメリットは、必ずダウンロードされる訳ではないという不確かさです。

アンインストールされないかの不安

アプリはユーザーがインストールしてくれて初めて活躍します。ですが、もしアンインストールされてしまったらと不安になるものです。アンインストールされない為にはやはり工夫をしなくてはなりません。

アプリ制作の必要性

企業にとって、アプリ制作を行う前にその必要性を考えることが大切です。アプリ制作には時間と費用がかかりますが、ブランディング効果というメリットがあります。

確かにダウンロードかなかなかされないなどデメリットとなる面もありますが、まずはユーザーに興味を持ってもらうことが必要なのです。

アプリ制作は、メリットとデメリット両方から検討

企業にとってアプリ制作をすることには、メリットとデメリットがあります。

アプリ制作をすれば必ずダウンロードをしてもらえる訳ではありません。

ですが、知名度が上がればユーザーはアプリを活用してくれるので、サイトへのアクセス数を一気に増やすことが出来ます。

アプリ制作を検討しているなら、2つの面から考えることが必要です。