Placeholder image

【webマーケ基礎知識】アプリのUX改善方法をまとめました

webマーケティングではUXは大切にする必要があります。

ユーザーが使いにくいと感じてしまえば、アプリを使うことはなくなるでしょう。

そうならないように、UXを改善することが大事になります。

ただし、上手く改善できないと、ユーザーの満足度はさらに下がる結果となりかねません。

ここではアプリのUX改善方法を解説していきます。
目次
  1. ペルソナを詳細に再設定
  2. 不要な情報を減らす
  3. ナビゲーションを明確に
  4. シームレスな作り
  5. タップ領域を広くする
  6. 読みやすい文章にする
  7. よりビジュアル化する
  8. ユーザビリティを上げる
  9. タイピングを極力減らす
  10. デザインの再検証
  11. アプリのUX改善方法のまとめ

ペルソナを詳細に再設定

webマーケティングで大事になるUXを改善する方法としてあるのが、ユーザーのペルソナを詳細に再設定することです。

UX改善をするためにはユーザーのペルソナが重要です。

ペルソナが実在の利用者に近ければ、ユーザーの利用方法などを学ぶことができます。

そのため、改善するためには情報を集めてペルソナの再設定をすることが大切になります。

ペルソナが出来上がると、改善する点が浮き彫りになることも多いでしょう。

不要な情報を減らす

次に、整理整頓することが大事です。ユーザーにとって不要な情報がアプリに入り込んでいなかったかを検討します。

整理してみると不要な情報が多くて、使いにくかったということもあるのです。

改善するときには不要な情報を減らすことも必須です。

ナビゲーションを明確に

他にナビゲーションを明確にすることも重要でしょう。

UXを考えたときに、次に何をするかが分からないとストレスになります。

指示が明確で次にやることが分かるように改善しましょう。

シームレスな作り

さらに、シームレスな作り方をすることも改善に役立ちます。

スマホ、PC、タブレット端末など、ユーザーが使うツールは一つではありません。

どのツールを使っても見やすいようにしておくと、UXが改善できます。

上手く対応していないツールがあるときは使いやすくしておきましょう。

タップ領域を広くする

タップ領域を広くすること改善方法としては有効です。

ユーザーはどのようにタップするにしても、タップ領域が小さいとタップしにくくなります。

タップが上手くできなくてイライラするという人も多いです。

実際に使ってみてタップしにくかったら、領域を少し広げるだけでも違います。

読みやすい文章にする

また、読みやすい文章にすることも改善に繋がります。

文章がスッキリしていないと、文章を読んでもらえない可能性もあります。

文章構成は読みやすさを重視して、文字を大きくするだけでも違います。

よりビジュアル化する

文章だけではなく、ユーザーが見やすいように作ることも必須です。

イラストをいれたり、絵で説明したり、ユーザーが見やすいように完全することで満足度を上げることもできます。

ユーザビリティを上げる

他に、ユーザーが操作しやすいように改善することも必要です。

ユーザーは操作しにくいと感じるアプリを使うことはありません。

ユーザーに合わせた操作しやすいアプリにすることが求められています。

タイピングを極力減らす

UX改善のためにはタイピングを極力減らすこと大切です。

ユーザーはタイピング得意ではないという人も多いです。

スマホを使っていると、タイピングをしなくてもアプリを使いこなせることが少なくありません。

そのため、タイピングの技術が未熟なままの人もいるのです。

デザインの再検証

最後の改善方法としては、デザインの再検証をすることです。

どんなにいい改善をしても、実際にユーザーと同じ環境で使ってみないと、利用しやすいかはわかりません。

ユーザーと同じツール、似た環境を作って実際に検証してみましょう。

再検証すると、新しい改善点が見つかるかもしれないです。

それをさらに改善すれば、もっといいアプリになるでしょう。

アプリのUX改善方法のまとめ

webマーケティングで重要となるUXの改善方法としては、ユーザーの立場に立って考えることが大事です。

ペルソナを設定して、整理整頓をするだけでも改善させることがあります。

さらに、シームレスなサービスを目指すことも大切です。

ユーザーが使いにくいと予想できる点を全て改善していけば、UXの改善に役立ちます。

改善をするのであれば、全ての改善方法を試すことが大事です。