Placeholder image

【2019年版】webマーケティングの最新情報をまとめました

いくらホームページがあっても、どんなにいい商品を紹介していても誰も見てくれないと意味がありません。

そのため、ホームページを運営しているなら、webマーケティングは重要です。

しかし、どんなマーケティング方法があるのか分からない方のために、最新のwebマーケティングにはどんな方法があるのか、

また今も重要なマーケティング方法を紹介していきます。
目次
  1. 「AI」を使ったマーケティング
  2. マーケティングオートメーション
  3. 以前からあるWebマーケも重要
  4. アフィリエイト広告
  5. リターゲティング広告
  6. SNSを使ったマーケティング
  7. メールマーケティング
  8. webマーケティングの最新情報まとめ
  9. 「AI」を使ったマーケティング

    Web業界ではこれから「AI」を使ったマーケティングが主流になります。

    「AI」とは人工知能の略で、「AI」を活用して集客効果のあるライティングや顧客の反応を分析して成約までの動向を考えるなど、今まで難しかった複雑なデータ分析が行えるようになります。

    マーケティングオートメーション

    また、「マーケティングオートメーション」は、マーケティングの流れを自動化することで、余計な手間を減らして効率化します。

    「デジタルマーケティング」は、ネットからメールやアプリなど、様々なメディアを使ってマーケティングをします。

    以前からあるWebマーケも重要

    他にも、前からあるwebマーケティングとしては、検索エンジンからアクセスを増やして、

    顧客を獲得する「SEOマーケティング」や、検索エンジンに有料の広告を載せてアクセスを集める「リスティング広告」、

    大手メディアに広告を載せる「ディスプレイ広告」などがあります。

    これらのWebマーケティングは昔からありますが、今もWebにおける集客方法としては重要です。

    アフィリエイト広告

    また、「アフィリエイト広告」は、ブログやホームページなど、

    法人や個人を問わずに様々なメディアで広告を掲載してもらい、自社のサイトへ訪れてもらうマーケティングです。

    広告を掲載しているサイトから訪れたユーザーが、資料請求や商品の購入が発生するごとに成果報酬として料金を支払います。

    リターゲティング広告

    「リターゲティング広告」とは、例えば気になる商品のページを閲覧した後に、

    まったく関係の無い別サイトを訪問すると、そのサイトの広告欄に前に訪れた気になる商品の広告が掲載されることがあります。

    これはcookie(クッキー)と呼ばれるもので、今まで訪れたサイトのデータをパソコンやスマートフォンが保存しているからです。

    「リターゲティング広告」は、このcookie(クッキー)を使って、ユーザーが興味を持っている商品の情報を取得し、広告をチョイスして表示します。

    SNSを使ったマーケティング

    「SNSを使ったマーケティング」は、TwitterやFacebookといった大手のソーシャルサービスを利用して、マーケティングを行う方法です。

    一番の特徴は費用が発生しないことと、インターネットにつながっていればすぐにでも始められる点です。

    広告を掲載する場合、基本的には掲載費用が発生しますがSNSにはそれがありません。

    そのため、商品等の広告を好きなだけ宣伝できます。

    しかもSNSを利用しているユーザーはかなり多いため、一度注目されるとその宣伝効果はかなりのものになります。

    メールマーケティング

    「メールマーケティング」とは、メールマガジンやステップメールなどで宣伝する方法です。

    「メールマーケティング」も広告宣伝費が無料のものから有料のものまでありますが、

    仮に料金が発生したとしてもそれ程高額にはなりません。

    webマーケティングの最新情報まとめ

    webマーケティングは様々な方法があり、無料ですぐに始められるのものから高額な広告費を払って宣伝する方法までたくさんあります。

    特に、最近は人工知能を使って人間では難しかったユーザーの行動や同行を把握して、的確なマーケティングが行えるようになってきています。

    しかし、人工知能を使ったマーケティングだけでなく、前からある他のwebマーケティングも最新の情報として、今も多くの企業が活用しています。