Placeholder image

【2019年版】サイト表示速度が速いサーバー一覧

Webサイトやブログを立ち上げる時に必要になってくるのがレンタルサーバーですよね。とはいえ、レンタルサーバーを選ぼうとしても種類が豊富なので、どれにしようか迷ってしまいますよ方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、サイト表示速度の速いレンタルサーバーという点に注目して、共有サーバーを3つと専用サーバーを2つ紹介していきます。
目次
  1. 共有サーバーと専用サーバー
  2. 標示速度の速い共有サーバー
  3. 表示速度の速い専用サーバー
  4. 標示速度が速い+αを提供

共有サーバーと専用サーバー

レンタルサーバーには、共有サーバーと専用サーバーの2種類のサーバーがあります。ここではその違いについて紹介していきます。

共有サーバーとは、1台のレンタルサーバーを複数のユーザーで共有する形になります。サーバーの一角を間借りすることになるので、レンタル料金が安くすみます。またサーバーのシステム管理などはサーバーを管理してる企業が行ってくれるので、専門知識がなくても利用しやすく、実際に利用できるようになるまでの期間が短いというメリットがあります。

しかし、一つのサーバーに多くのユーザーがアクセスすることで、負荷が大きくなり動作が重くなってしまう事や、利用できるソフトウェアが制限されてしまうデメリットもあります。

専用サーバーとは、1台のレンタルサーバーを一人で独占する形になります。1台を自由に使えるの、共有サーバーとは逆のメリット・デメリットになるといえます。複雑でデータ量の多いWebサイトなどを作りたい場合は、ソフトウェアを自由に使えて動作も重くなりにくいので、こちらがおすすめです。

しかし、専門的な知識がないとシステム管理やソフトウェア管理が難しいので、経験の浅い方には不向きといえます。

標示速度の速い共有サーバー

エックスサーバー

個人向けの人気レンタルサーバーがエックスサーバーです。管理画面が操作しやすいのはもちろん、安全性が高く表示速度も速いと言われています。また、自動バックアップ機能と電話対応サービスなども充実しているので、初心者でも安心して利用でます。WordPressなどでブログを始めようとしている方に人気となっています。

公式ホームページはこちら

https://www.xserver.ne.jp/

sixcore(シックスコア)

法人向けのおすすすめレンタルサーバーがシックスコアです。エックスサーバーと運営元は同じですが、セキュリティの更なる強化をはかったり、独自ドメインを無料で使えたりと、企業が長い期間使い続けるのに適したサービス展開をしています。

公式ホームページはこちら

https://www.sixcore.ne.jp/

heteml(ヘテムル)

アフェリエイターなどに人気なのがヘテルムです。管理画面が見やすいことやMySQLの数の多さ、1日の最大転送量が多いという事がアフェリエイターに指示を得ているところではないでしょうか。

公式ホームページはこちら

https://heteml.jp/

表示速度の速い専用サーバー

CPI

CPIの最大の特徴は、バックアップを自動で定期的に行ってくれるので、ワンクリックでデータの復元が出来るという点と、独自のテスト環境が用意されていることです。テスト環境を利用することにより、データをアップデートする前に不具合がないかをチェックすることができるので、より安全にアップデートを行うことができるでしょう。

公式ページはこちら

https://www.cpi.ad.jp/

カゴヤ・ジャパン マネージド専用サーバー

こちらはカゴヤの専用サーバーになりますが、使い方に特徴があります。それは、専用サーバーでありながら共有サーバーのように手軽に使えるように設計されているところです。24時間、365日運営スタッフがメールや電話でサポート対応を行っているので、専門知識の少ない方でも専用サーバーを利用できる体制が整っているのが特徴です。

こちらはカゴヤの専用サーバーになりますが、使い方に特徴があります。それは、専用サーバーでありながら共有サーバーのように手軽に使えるように設計されているところです。24時間、365日運営スタッフがメールや電話でサポート対応を行っているので、専門知識の少ない方でも専用サーバーを利用できる体制が整っているのが特徴です。

標示速度が速い+αを提供

レンタルサーバーの操作画面やセキュリティ面、電話対応などのサポート面なども含めて紹介してきました。また、個人向けや法人向けの違いもあり、もっと細かい情報も公式サイトなどに記載されています。ページの表示速度を早くすることはもちろんのこと、その他のサービス内容も含めて、自身の利用環境に合わせたレンタルサーバーを探すことが大切になります。