Placeholder image

【2019年最新版】WordPressの表示速度の高速化方法一覧

ブラウザを閉じた状態でも送ることができるプッシュ通知は、メールマガジンの開封率よりも上回っているといわれており、大きなメリットとされています。

しかし、いくら有効なプッシュ通知とはいえ大量の通知を送り続けるだけでは、ユーザーに飽きられてしまう可能性もあるでしょう。

今回は、プッシュ通知で成功している事例を3つ紹介して、通知のコツを解説します。
目次
  1. ページデータの準備を速くする方法
  2. ページデータの読み込みの高速化をするには
  3. ワードプレスの表示速度を速める方法

ページデータの準備を速くする方法

ワードプレスでのページデータの準備を速くする方法の一覧を見ていくと、そのうちの一つがプラグインの利用を必要最小限にすることです。

プラグインがあればワードプレスは非常に便利ですが、便利ゆえに無駄に使っていることも少なくありません。

プラグインが有効化されている数が多ければ多いほどスピードが遅くなります。そこで、あらためて必要のないものを無効化するようにしましょう。

ワードプレスはPHPと呼ばれているプログラミング言語が利用されているのが特徴です。

ただ、このPHPはサーバーの設定によって処理速度がさまざまになります。PHPによって2倍ぐらいのスピードの違いが出ることも少なくありません。

そこで、表示速度を速くさせるためにPHPが最新のものになっているかを確認しておくことが大事です。

表示速度が遅いのは、サーバーの性能自体に問題があることも考えられます。もし、サーバーに問題があると予想できる場合には、思い切ってサーバーを別のものにしてしまうのも良いでしょう。ただ、このやり方はどちらかといえば最終的な手段とも言えます。

余計なデータがある場合には、余計なデータを消すことも重要になります。例えば、使わないような下書きのデータが多く残っていることや、記事内容の更新履歴が自動で次々と保存されている場合には重たくなってしまうことがあるでしょう。

この場合には、必要のないものを一括削除するとスピードが上がる可能性が考えられます。

プラグインを利用する場合も、キャッシュ系のものを利用すると速度が速くなる可能性があります。「WP Super Cache」などを利用することで、無駄な処理をなくすことが可能になり処理速度が速くなるものです。

ページデータの読み込みの高速化をするには

ブログを更新するときに、たくさんの画像を貼り付ける人がいます。たくさんの画像があったとしてもそれぞれの容量が小さければ問題ありません。

ところが、容量が大きい画像がたくさん貼り付けられているとそれだけ読み込むのに時間がかかる可能性が高いです。

画像のサイズは、縦横とも1000px以内に抑えるようにしましょう。また、可能な限り画像を少なめにすることも重要になります。

画像を読み込むときには、文字を読み込むよりも時間がかかりますが、この場合には遅延ロードと呼ばれる手法を利用することで画像を効率的に読み込むことが可能です。

通常は、その頁をひらいたとき最初にすべての画像を読み込むようになっています。

ですが、そうすると画像がたくさん貼られているページは長い時間ページを開くことが出来ない可能性もあるでしょう。

そこで、遅延ロードを利用することで現在表示されている部分だけの画像が開くようになります。つまり、スクロールをすることにより新たに画像が出てきた時に、初めてその画像の読み込みがはじまるのです。

これは、プラグイン「BJ Lazy Load」を利用することにより実現が可能になるでしょう。

ブラウザのキャッシュを利用することによりスピードを速めることが可能です。

これは、初めて訪れた時に画像や文字を閲覧者のブラウザに保存させる仕組みです。

同じ人が2回目に見るときは、すでに画像や文字がブラウザに保存されているため、表示に時間がかかりません。

コードを圧縮することにより、表示速度が高まることもあります。コードを圧縮するためにはプラグイン「autoptimize」を利用するとコードの読み込みに時間がかかりません。

ワードプレスのページを開いた時に、Javascriptの読み込みが行われますが、これがスピードを遅くしている可能性もあります。この場合には、Javascriptをフッターで読み込むことにすれば高速化につながるでしょう。

ワードプレスの表示速度を速める方法

ワードプレスの表示速度が遅い場合には、ページが表示されるまで無駄な時間がかかってしまい閲覧者がすぐにページを閉じてしまう可能性があります。

この対策として、速度を速めるために必要のないプラグインを消す方法や、逆にスピードを高めるプラグインを導入する方法も考えられます。

それ以外でも、サーバーを新しくする方法や画像を貼り付ける時も少ない用量で貼り付ける方法を利用するとよいでしょう。