Placeholder image

【2019年最新版】UXの重要事項チェックリスト

UXを向上させるためにはユーザーが心から満足できるようなサイト設計とページデザインをしなければなりません。

UXの向上によって売上を伸ばすという観点からサイトを最適化するためにはどんな項目をチェックしていく必要があるのでしょうか。

UXにおける10個の重要事項を紹介するので、サイト改善のための参考にしてみましょう。
目次
  1. ストレスを与えないための5つのポイント
  2. ユーザーを惹きつけるための5つのポイント
  3. UXを高めるための重要事項は普段から確認しよう

ストレスを与えないための5つのポイント

UXを向上させるためには、役に立つ、使いやすい、見つけやすい、信頼できる、アクセスしやすい、好ましいという六つのポイントをクリアしなければなりません。

この大半に共通する概念として考えられるのがストレスを感じずにホームページを利用できることです。

この観点から5つのポイントをチェックしておきましょう。

①一般的な回線速度で快適にページが表示されること

遅くとも3秒程度で表示されるのが望ましいでしょう。

5秒もかかるとストレスが大きく、ADSL回線やモバイル回線でも十分にストレスなく表示されることが肝心です。

②パソコンとスマホに対応していること

どちらのデバイスを使用しても使いやすいデザインに仕上がっていることが望まれます。

③リンクが正しく構築されていること

サイト内のリンクが切れているケースだけでなく、サイト外へのリンクが切れることもあるので常に気を払うことが必要です。

④ページあたりのコンテンツの量

文章が適量になっていないとユーザーはストレスを感じます。

読みやすい大きさの文字とレイアウトで数分で読み終えられる内容にしましょう。

⑤問い合わせ先を常に表示しておくこと

ウェブフォームへのリンクや電話番号が常に見えるようにして問い合わせしたいという気持ちに駆られたユーザーをすぐに引き込むようにしましょう。

ユーザーを惹きつけるための5つのポイント

UX向上のポイントとしてもう一つ共通しているのはユーザーを惹きつけるサイト運営がなされていることです。

この角度からも5つの重要事項があるのでまとめておきましょう。

①ユーザーの動線を明示する

コンテンツを見たユーザーが興味に従ってスムーズに次のコンテンツに遷移できるようにしておくのが肝心です。

そのガイドに従っているうちにユーザーが満足できるように仕上げましょう。

②理解しやすい内容

そのガイドによって商品やサービスの購入に導いたときに、ユーザーが内容を理解しやすいようにすることです。

写真やイラストなども駆使して視覚的にわかりやすく仕上げるのが重要になります。

③ユーザーの声

商品やサービスについてユーザーの声を盛り込むことです。

どんなものかはわかったけれど本当に購入する意味があるのかという疑問は残ってしまいがちで、いかにサイトの運営者が魅力をアピールしても根拠が不足してしまいます。

そのときに他のユーザーからの声があると信頼できると考えてもらえるようになるのです。

④購入という選択肢を示しておく

最初から購入という選択肢を明確に示しておくことで、ユーザーが買いたいと思った時点でコンテンツを読まずとも購入に辿り着けるようになります。

ただの情報サイトだと思っていたユーザーの反感を買わずに済むという点でも必要事項でしょう。

⑤情報の新しさを維持する

情報の新しさを保つことです。頻繁に更新されていて常に新鮮な情報が溢れているサイトは信用されます。

更新箇所も明確に示して運用されているサイトだとすぐにわかってもらえるようにしましょう。

UXを高めるための重要事項は普段から確認しよう

ユーザー視点でウェブサイトを作り上げるのはUXを高めるための基本ですが、きちんと重要事項をチェックしておかないとなかなか優れた出来栄えのサイトには仕上がりません。

更新することで本来あるべき姿から離れていってしまうケースもあるため、いつもこの重要事項のまとめを手元に置いておき、確かにUXが高いサイトになっているかを確認する習慣を付けましょう。