Placeholder image

【2019年最新版】UXの今年のトレンドと改善方法をまとめました

webサイトの作成は今や会社の売り上げをアップさせるために必要不可欠となっています。

そしてサイトを構成するwebデザインを構築するうえでUX(ユーザーエクスペリエンス)は必ず考慮しなければいけません。

ここでは2019年のUXのトレンドについての解説とUXの改善方法について10個紹介していきます。

より良いwebページを作成するための参考にしてみてください。
目次
  1. 2019年UXの最新トレンド
  2. UXの改善方法
  3. これからはスマホを意識したサイトデザイン作りが必須

2019年UXの最新トレンド

2019年のUXトレンドを語るうえで必ず触れておかなければいけないのが「モバイルファースト」です。

2018年に検索エンジンの最大手であるGoogleがモバイルファーストインデックスの導入を開始しています。

所有台数で言えばパソコンよりもスマートフォンのほうが圧倒的に多くなっていて、

すでにGoogleでの検索数はパソコンからよりもスマートフォンからのほうが多くなっていることから、

よりスマートフォンに特化したサイトデザインになっていくことは必然といえるでしょう。

これからのwebデザインはよりスマートフォンで見やすいものにするよう考える必要があります。

また背景に動画素材を配置するデザインというのもここ数年のトレンドといえるでしょう。

動画背景にすることによって伝えたいメッセージをテキストではなくビジュアル面で伝えることができるようになるため、ユーザーの記憶に残りやすいです。

動画は容量が大きいためこれまでは小さなサイズを使用するような配慮が必要でしたが、

5Gが実装されれば通信速度が今までとは比べ物にならないほど高速になるため、

ファイルサイズに配慮する必要がなくなり、よりインパクトのある動画背景が使用されるようになっていくでしょう。

UXの改善方法

ここからはよりユーザーに親しまれやすいwebページにしていくためのUX改善方法を10個まとめたので簡単に解説していきます。

スマートフォンで閲覧しやすいページサイズに

まず、これまでパソコンで閲覧することを想定したページ作りをしていたのであれば、

世の中の流れに逆らわずによりスマートフォンで閲覧しやすいページサイズになるよう変更しましょう。

スマートフォンに適したページ構成にするには1行に掲載できる文字数の違いなどパソコンとスマートフォンの違いについてまずは理解する必要があります。

スマートフォンに適したページ作りは「3CP」というのを意識するとよいでしょう。

①必要な情報だけを提示

②清潔感のある文字や色を使用

③大胆な構成

最小限の要素で必要な情報だけを提示し、情報が見やすいように清潔感のある文字や色を使ったページ作りをしながらも、相手には早く使ってみたいと思わせるような大胆な構成にしていく、といった3点を意識すると高いUXを提供できます。

スクロールを止めてもらうようなデザイン

そしてスマホとパソコンの大きな違いはスクロール速度です。

スマホはスクロール速度が速いため、文字をすべて読んでもらう事はあまり期待せずに、コンテンツで興味を引いてスクロールを止めてもらうようなデザインにしましょう。

タップすることの多いパーツを親指周辺に置く

またユーザー側の視点に立てばタップすることの多いパーツを親指周辺に置くことも高いUXを提供するための改善点の1つになります。

問い合わせまでのハードルを低くするようなテキスト

スマホを使っている状況を考慮するのも改善のためには重要で、

スマホを利用しているときというのは自宅で過ごしている時よりも特に何かをすることがない「空き時間」であることが多いため、

その空き時間で何らかの問い合わせをしてもらうためには問い合わせまでのハードルを低くするようなテキストにすることも検討してみましょう。

電話での問い合わせができるようなサイトデザイン

隙間時間にスマホを触っている際には文字の入力は極力少なくしたいと考えているものです。

そのため電話での問い合わせができるようなサイトデザインにしたり、

申込みフォームの入力項目をできるだけ少なくするといった工夫をするとユーザーにとって利用しやすいページになります。

タップするとどうなるのかの説明をつける

そして決定するときには画面をタップすることになりますが、タップするボタンにはタップするとどうなるのかの説明をつけるようにします。

タップする場所の大きさを確保

タップする場所の大きさをある程度確保したり、間隔を取って押し間違いがないようにすることもUXを改善させる方法の1つです。

UXを高めるための重要事項は普段から確認しよう

ユーザー視点でウェブサイトを作り上げるのはUXを高めるための基本ですが、きちんと重要事項をチェックしておかないとなかなか優れた出来栄えのサイトには仕上がりません。

更新することで本来あるべき姿から離れていってしまうケースもあるため、いつもこの重要事項のまとめを手元に置いておき、確かにUXが高いサイトになっているかを確認する習慣を付けましょう。