Placeholder image

【2019年最新版】離脱率の改善方法を一挙にまとめました

どれだけ良いコンテンツを作成しても、読者の離脱率が高い状態だと意味がありません。

せっかく時間や費用をかけて作成した記事ですから、読者が離脱せずに最後まで読んで欲しいですよね。

ここでは、離脱率の改善方法をまとめています。

簡単なのに、すぐに効果がある方法も紹介していますので、離脱率を改善する時の参考にしてください。
目次
  1. 読者が目を引くようなWebデザインにする
  2. 記事のタイトルや導入文も重要
  3. 読者を意識してコンテンツを作ろう

読者が目を引くようなWebデザインにする

まずは、読者に「このサイトの記事を読んでみたい。」と思ってもらえるようなWebデザインにすることが大切です。

赤色と黒色だけで作成されたデザインのサイトの記事なんて読みたくないですよね。

なので、コンテンツに合った色使いのWebデザインにしましょう。

読者がサイトに訪れた時に、一番最初に目に入るのが、ヘッダーの部分です。

ヘッダーの画像が、魅力的でないと読者が離脱する原因になります。

そのため、ヘッダーの画像を読者に対して訴求力のあるデザインに変更しましょう。

また、アイキャッチ画像も重要です。文章だけのサイトよりも画像があるサイトの方が、読者の気を引くことができるため、離脱率を下げることができます。

なので、サイトに画像を入れるようにして下さい。

自分で画像を準備できない時には、商用利用可能の画像をダウンロードして使用すると良いです。

写真の画像だけでなく、イラストや漫画の画像を使用するのも効果的です。

読者の視覚に訴えることができれば、離脱率を改善することができます。

また、Webサイトが、3カラムのデザインだと、文字や画像がたくさん目に入り、ゴチャゴチャしている印象になってしまいます。

そのため、読者に記事に集中してもらうためにも、2カラムのサイトデザインにした方が良いでしょう。

記事のタイトルや導入文も重要です

記事のタイトルをキャッチーなものにすることも大切です。

読者が、「この記事を読んでみたい。」と思うような記事タイトルにしてください。

記事タイトルで、読者に興味を持ってもらえないと、離脱率が高くなってしまいます。

また、導入文を工夫することも大切です。

「私が、知りたい情報が書かれている記事だ。」と、読者に思ってもらえるように、導入文で記事を読むメリットを読者に伝えてください。

導入文で、どういった人が書いた記事なのかに触れるのも効果があります。お医者さんが書いた記事であれば、信頼性が生まれて、「読んでみよう。」と思いますよね。

なので、記事を権威付けするために、実績や資格があれば書いてみると良いです。

想定読者を明確にした記事にすることも大切です。

記事を読んで欲しいターゲット像がぼやけていると、記事に書かれている内容もぼんやりとしたものになってしまいます。

そのため、読者が記事を読んだ時に、「私が知りたい情報が、ここには書かれていない。」と感じてしまう原因になるので、離脱率が高くなってしまいます。

ペルソナを明確にした記事を書くことで、読者の離脱率を下げることができます。

記事の構成をする時に、PREP法を意識するのも効果があります。

結論から記事を書き始め、その次に理由や具体例を紹介した方が、読者にわかりやすく、説得力のある記事になります。

また、記事の内容を書いていく時には、なるべく読者の五感を刺激するように文章を書くのも効果があります。

例えば、お肉を食べた時の感想を読者に伝える時に、「お肉がおいしかったです。」と、ただ書くよりも、「焼けたお肉の香ばしい匂いがします。

お肉を口に入れると、肉汁がジュワーと口の中に広がり、そんなに噛まなくても、お肉が口の中で溶けていきました。」と書いた方が、読者が記事を読んだ時に、その場面を想像しやすくなります。

離脱率の改善方法は、読者が夢中になって記事を読んでくれるように工夫することです。

読者を意識してコンテンツを作ろう

離脱率を改善したいのであれば、読者を意識してコンテンツを作ることが一番大切です。

Webサイトのデザインを、読者が興味を持つように工夫しましょう。

また、記事タイトルや導入文で読者の関心を引きつけながら、記事に誘導していくことも重要になります。

記事の内容も、想定読者を意識した文章を書くことで、離脱率を改善することができますよ。