Placeholder image

【2019年最新版】遷移率の上げ方を一挙にまとめました

ウェブサイトにアクセスしたユーザーのコンバージョン率を向上させるために欠かせないのが遷移率を上げることです。

様々な手法によってユーザーの離脱を防ぎ、サイト内のコンテンツを閲覧させていくことができます。

その具体的な方法をユーザーの動線、ファーストビュー、リンク、ライティングの四つの角度から考えてみましょう。
目次
  1. ユーザーの動線を作って遷移率を上げる三つの方法
  2. ファーストビューによって遷移率を上げる三つの方法
  3. リンクに工夫をして遷移率を上げる二つの方法
  4. ライティングで遷移率を上げる二つの方法
  5. 多様な方法を駆使して遷移率を上げよう

ユーザーの動線を作って遷移率を上げる三つの方法

遷移率を上げるにはユーザーの動線を作るのが効果的です。

ランディングページと同じ設計にする

縦スクロールだけで読めるページにしてストーリーを盛り込みましょう。そして、ページ下部にリンク先を作って次のコンテンツに進んでもらえるようにすれば遷移率を上げられます。

ページのトップや左側に他のコンテンツへのリンクを常に表示させる

今のページにあまり興味がないとわかっても、関連するページが他にもすぐにアクセスできるようになっているとサイト内にとどまってくれる可能性が高まります。

コンテンツの合間にリンク先をこまめに入れておく

文章の合間にこの内容に興味がある人はここをクリックするように促すようなリンクを貼っておくと、誘われるがままに興味のあるページに遷移してくれるでしょう。

ファーストビューによって遷移率を上げる三つの方法

ファーストビューを活用することで遷移率を向上させることができます。

ユーザーの疑問を掻き立てるデザイン

ファーストビューを活用する方法としてまず挙げられるのが、ユーザーの疑問を掻き立てるデザインに仕上げ、その答えがサイト内にあるという形式にすることです。

サイトにアクセスしたときにもともと興味を持っていた情報だけでなく、他にも魅力的な情報がたくさんあるとわかると意欲的に複数のページを見てもらえるでしょう。

ファーストビューにすぐに複数のリンクを貼っておく

二つ目に挙げられるのはファーストビューにすぐに複数のリンクを貼っておく方法です。

疑問を投げかけて興味を抱かせ、そのリンク先に知りたい情報があるとはっきりとわかりようにすると遷移率が上がりやすくなります。

動画を用いる

三つ目の候補として動画を用いる方法があります。

動画の中のファーストビューでどれだけインパクトを与えられるかが勝負所になりますが、興味を持ってもらえれば動画を最後まで視聴してもらうことができるでしょう。

そして、その中で紹介されていた内容の詳細を知るためにサイト内を回ってくれると期待できます。

リンクに工夫をして遷移率を上げる二つの方法

サイト内のリンクで工夫をすることでも遷移率は向上させられる可能性があります。

同一ページに導くようにリンクを貼っておく

一つ目はあらゆるページから同一ページに導くようにリンクを貼っておく方法です。

どのページからアクセスした人もまずそのページに遷移するように促し、一般的なランディングページのように興味付けをするとその後の遷移率も高まります。

リンクをバナーにして求心力のあるものに仕上げる

二つ目はリンクをバナーにして求心力のあるものに仕上げる方法です。

文字のリンクに比べると広告のようなバナーの方がクリックしたいという気持ちに駆られるからです。

多様な方法を駆使して遷移率を上げよう

遷移率を上げるための工夫は様々な形でできるので、一つに限らずに上手に組み合わせて使うのが大切です。

基本的にはユーザーにどのページを見てもらうように促していくかを考えつつ、離脱してしまう原因を作らないようにするのが重要になります。

サイトの内容によっても最適な方法は違うので、ユーザー視点で考えて工夫を凝らしてみましょう。