Placeholder image

【2019年最新版】今年のトレンドと共にSEO対策をまとめました

ホームページやモバイルサイトを運営する場合、SEO対策をすることが大切です。

ただし、SEO対策にはさまざまなものがあるので、合っているものを上手に活用できるといいでしょう。

また、最新のトレンドになるSEO対策を知っていると、流行に沿った対策ができるかもしれません。

これから、2019年度最新版のSEO対策についてご紹介します。
目次
  1. 2019年度、SEO対策のトレンドとは?
  2. 代表的なSEO対策10個を知ろう
  3. さまざまなSEO対策が必要!トレンドも取り入れてみよう

2019年度、SEO対策のトレンドとは?

2019年のSEOでは、モバイルに焦点を当てた対策がトレンドになっています。

多くのユーザーはスマートフォンなどのモバイル端末を使い、キーワード検索をするようになりました。

そこで、モバイルに対応していないと、ユーザーからは対象外になってしまうのです。

また、トレンドとして「サイテーション」があります。これは、第三者に商品名やサイト名を話してもらう手法です。

拡散力の高いSNSなどを使い、売り込みたい商品やサイト名を話してもらいます。

ただし、自然に会話の中で引用されることが大切です。

好意的な内容が伝わるとブランディングもでき、多くの人に注目してもらえます。

代表的なSEO対策10個を知ろう

代表的なSEO対策10個をまとめます。実施していないものがあれば、取り入れてみるといいでしょう。

タイトルタグの利用

タイトルタグにキーワードを入力しておくことで、何を伝えたいサイトであるのかが分かりやすくなります。

検索結果でも上位表示されますが、検索したユーザーが選択しやすくなるのが特徴です。

ただし、多くのキーワードを詰め込み過ぎると、検索結果にマッチしづらくなります。

マイナス評価を受ける場合もあるので、適正にタイトルタグを利用するのが効果的です。

カノニカルタグを設定する

カノニカルタグを設定すると、内容が同じ重複ページによるSEOへの悪影響を防げます。

重複ページがコピーコンテンツと判断されると、検索結果からはじかれる可能性が高いです。

また、他のユーザーが貼ったリンクも分散され、ユーザーの訪問が1つに集中しません。

そこでカノニカルタグを用いて、正規のページをはっきりとさせるのです。

質が高いコンテンツ配信

大量のコンテンツを配信するよりは、質がいいものを配信することで、サイト自体の評価を高められます。

評価が高いものは検索結果で上位に表示されるため、結果的に多くの人に見てもらえます。

訪問者が多くなると、さらに上位表示できる仕組みです。

被リンク

ホームページやブログなど、他のサイトに被リンクを載せてもらい、訪問者を増やす手法です。

SEOでも重要視されていて、多くのサイトに載っているリンクは信用性や人気が高いとされています。

ただし、他のユーザーが自然に貼ったものは「良い被リンク」ですが、貼るために金銭の支払いがあったり、大量に自動生成されたりしたものは「悪い被リンク」です。

悪い被リンクを防ぐため、リンク精査が行われるようになっています。

音声検索

スマートフォンやスマートスピーカーによる音声検索を強化するとSEO対策になります。

音声検索で上位表示されるためには、質のいいコンテンツ配信とサイト速度が重要です。

また、サイトがHTTPS化していると、音声検索で表示されやすくなります。

ナレッジパネル

あるキーワードで検索した時に、検索結果の右に表示されるパネルです。

2018年から表示されるようになり、検索した時の印象づけに効果があります。

hxを使って文章を構造化する

hxとは見出しのことですが、「h2・h3」などと中見出しや小見出しを付けることで、文章が構造化していることを検索エンジンに伝えられます。

連続した番号とキーワードを含む文章を指定する手法です。

より効果を出すためには、pタグによるオリジナルテキストコンテンツも設置します。

alt属性を設定する

検索エンジンは画像ではなく、テキストを認識しています。

しかし、alt属性内に画像の説明を入れることで、画像も検索エンジンに読み取ってもらえる手法です。

検索した時に画像検索をする人もいるので、alt属性設定をすると訪問者が増えるでしょう。

モバイルと関連付け

モバイルサイトで閲覧できるだけでなく、サイトを関連付ける作業も大切です。

パソコンとモバイルのページが同じということを検索エンジンに伝えるタグを利用します。

キーワードプランナーの利用

キーワードプランナーを利用することで、調べたいキーワードがどのくらい検索されているかを、数値で確認できます。

検索が多いキーワードと関連づければ、サイトの訪問者を増やせる手法です。

さまざまなSEO対策が必要!トレンドも取り入れてみよう!

2019年におけるSEO対策のトレンドは、SNSを利用した自然な宣伝方法です。

スマートフォンなどのモバイル端末を使って検索する人も増えたので、モバイルに注目しながらSEO対策をした方がいいでしょう。

また、今までに実施されているSEO対策を確認して、多くの手法を適正に使うことも大切です。

これを参考に、SEO対策を強化してみてください。