Placeholder image

【2019年最新版】モバイルサイトを最適化する方法をまとめました

モバイルサイトを運営するときに重要になるのが最適化です。

最適化することによってユーザーが使いやすいサイトになるでしょう。

またGoogleからも高評価を受ける事ができるメリットがあります。

多くの方に満足してもらうにはユーザーファーストを意識します。

ここではモバイルサイト最適化の方法をいくつか紹介するので理解しておくとよいです。
目次
  1. ロングスクロールを改善しよう
  2. 画面はモバイル向けにアレンジする
  3. ポップアップは必要ない
  4. フッターは使わずスティッキーナビゲーションを使う
  5. 大きな画像を使わないようにする
  6. フラッシュを使用しない
  7. モバイルファーストインデックスを適用する
  8. リンクは近づけずにある程度離す
  9. パソコンサイト同様のクオリティを維持する
  10. ユーザーファーストを意識する
  11. 最適化するにはモバイルユーザーを意識した仕様にしよう

ロングスクロールを改善しよう

モバイルサイトを最適化するときにはロングスクロールを直す必要があります。

スクロール部分が非常に長いとサイトが見にくくタップしてドラッグする作業も面倒です。

ロングスクロールを改善したいときにはモバイルファーストアプローチを使いましょう。

画面はモバイル向けにアレンジする

パソコン版のサイトをそのままモバイルに持ってきても見にくいだけです。

基本的にスマートフォンやタブレットはパソコンのモニターと比較して解像度が違います。

画面サイズも違うのでパソコンのサイトをそのまま持っていくと画面に収まりきらずはみ出てしまいます。

かなり見づらいサイトになってしまうのでユーザビリティが低下します。

こういうときはレスポンシブデザインという方法を使いましょう。

レスポンシブデザインはパソコンサイトとモバイルサイト同時に更新できるシステムです。パソコンサイトをモバイル向けの自動変換してくれる機能も付きます。

ポップアップは必要ない

パソコンサイトではよく採用されているポップアップですがモバイルサイトには向いていません。

画面サイズが小さいのでポップアップが多いサイトは見づらくなってしまいます。

また誤タップしてしまう可能性も高いのでユーザビリティが低下します。

フッターは使わずスティッキーナビゲーションを使う

パソコンサイトではサイト上のコンテンツをわかりやすいようにフッターを配置しています。

モバイルサイトではフッターを使わずスティッキーナビゲーションを使いましょう。

スティッキーナビゲーションならいつでも目的のコンテンツにアクセスできるのでユーザビリティが向上します。

大きな画像を使わないようにする

モバイルサイトに画像を表示するときにサイズに注意しましょう。

サイズが大きな画像は読み込みスピードが遅くなってしまいます。

読み込みスピードが遅いと検索エンジンから低評価を受けてしまいます。

フラッシュも使用しない

モバイルガジェットによってはフラッシュに対応していないOSもあります。

採用しても意味がなく容量が増えるだけなので、フラッシュを使うのはやめておきましょう。

モバイルファーストインデックスを適用する

モバイルファーストインデックスが適用されたサイトはモバイル向けに最適化されていることがわかります。

これにより検索エンジンの上位にホームページが表示されます。

審査を受けて合格をすればモバイルファーストインデックスが適用されるので覚えておきましょう。

リンクは近づけずにある程度離す

サイト上に設置してあるリンクは近すぎるとタップしにくいです。

誤って別のリンクをクリックしてしまうトラブルもあります。

ユーザーにとっては使いにくいサイトになるので、リンクはある程度距離を開けて設置しましょう。

パソコンサイト同様のクオリティを維持する

モバイルサイト用のホームページを作るときにはなるべくコンパクトにします。

ただパソコンサイト同様のクオリティにする必要もあるので注意が必要です。

サイトのテーマとなっているコンテンツは削除しないようにしましょう。

なるべく充実した内容にするのがモバイルサイト最適化のコツです。

ユーザーファーストを意識する

モバイル向けのサイトを最適化するにはユーザーファーストを重視するのが大事です。

例えばURLが違います。

検索ワードと関連しているコンテンツをユーザーに提供するのが大事です。

関連する記事を書くと検索クエリに応じて結果を表示してくれます。ユーザーの流入を促しやすいので大事な部分です。

最適化するにはモバイルユーザーを意識した仕様にしよう

モバイルサイト向けに最適化するにはモバイルユーザーを考慮してホームページを作ります。

例えばフッターを廃止してスティッキーナビゲーションをつけましょう。

サイトが重くならないように画像を調整したりする必要もあります。

基本的にモバイルファーストインデックスに合格すれば、良質なモバイルサイトと認定されます。