Placeholder image

【2019年最新版】ページ平均滞在時間の改善方法をまとめました

サイトでの収益を上げたいなら、ページ平均滞在時間を長くすることを考えましょう。

コンテンツをアップしてもなかなか伸びないことがあります。

方向性が間違っていたり、読者の利便性の低いサイトでは滞在時間が短くなり、収益をアップが期待できません。

読者の立場に立ち、わかりやすく、使いやすいサイトを心がけましょう。

コンテンツをユーザーに楽しんでもらい、滞在時間を長くするための改善方法をまとめてみました。
目次
  1. 読者にわかりやすいサイトを構築する
  2. コンテンツの量と質
  3. ページ表示速度をあげる
  4. 画像と動画の適度な使用
  5. 関連するリンクを入れる
  6. 広告を抑えて注意をそらさない
  7. プラグインを減らす
  8. 悩みに答える
  9. 読みやすいコンテンツ
  10. 理解しやすいコンテンツ
  11. 目次を作る
  12. ユーザー目線でサイトをチェック

読者にわかりやすいサイトを構築する

サイトのページ平均滞在時間が延びると、収益が上がる傾向があります。

読者がサイトを見ている時間が長くなればなるほど、サイト内でアクションを起こしやすくなるのがその理由です。

広告をクリックしたり、アフィリエイトされた商品に興味を持ち、購入する機会が増えるため、収益につながりやすいのです。

ページ平均滞在時間と収益の関係は見逃せません。

どのように改善すればサイトを見てもらえる時間が長くなるのでしょうか。

その改善方法をまとめていきます。

コンテンツの量と質

ページの滞在時間を増やすためにはユーザーを飽きさせないことが大切です。

量が少ないとユーザーはすぐにコンテンツを消化し終え、興味を持たなくなります。

量が貧弱だと感じたら、コンテンツを増やすように心がけましょう。

コンテンツの量が多くても、興味を持たれない内容ではユーザーはすぐに興味を失います。

高い品質で興味深いコンテンツを増やすように心がけることが大切です。

ウェブサイトはいくらでも修正が可能です。

質の低いコンテンツは改善を加えて質の高いものに更新しましょう。

ページ表示速度をあげる

ページの表示速度を上げることがページ平均滞在時間アップに役立ちます。

読み込み速度が速いと、サイトの利便性が高まり、スムーズにコンテンツを閲覧できます。

読み込み速度が遅ければ、ストレスを感じコンテンツを見ずに離脱する可能性が高くなります。

画像と動画の適度な使用

コンテンツが文章ばっかりの場合を考えてみましょう。

文字のかたまりに圧倒され、ユーザーは離れていきます。

文字を読むことはエネルギーを消費しますから、ユーザーには適度に休みを与える必要があります。

適度に画像や動画があると文章と文章の間に空間ができて休みが取れます。

文字ばかりが並んでいるサイトでは、読む前に気持ちが萎えます。

適度な動画や画像の挿入は、ユーザーの精神的な負担を和らげ、ページ平均滞在時間を延ばします。

関連するリンクを入れる

関連するリンクをコンテンツに挿入することもページの滞在時間を改善する方法の一つです。さらに深い情報を求めるユーザーのために、サイト内リンクを用意しましょう。探す手間をかけさせないように誘導する工夫も必要です。他のコンテンツに興味を持たせて、サイトの滞在時間を延ばせます。

広告を抑えて注意をそらさない

大量の広告はユーザーの興味をそぎ、サイトから離脱させやすくします。

広告の量は最小限に抑えて、押し付けすぎないイメージを与えましょう。

商品やサービスを無理に押しつける悪い印象は、サイトへの不信感を高め、コンテンツを見ようとする気持ちを奪い、ページの滞在時間を短くします。

プラグインを減らす

ページの表示速度が落ちると、ユーザーに心理的なストレスが加わります。

サイトから離脱しやすくなり、ページ平均滞在時間は短くなります。

WordPressを利用しているなら、プラグインの量が増えたり、容量の大きいものだと読み込みに時間がかかります。

導入するプラグインは最小限に絞り、余計なものを削除しましょう。

悩みに答える

ユーザーは悩みを持ってサイトにたどり着きます。

検索キーワードを入力してサイトにたどり着いた人たちに答えを提示できなければ、ユーザーは逃げ、ページを見る時間は減ります。

求める答えと違うものを提示されても、興味を持たなくなるか、興味を失うだけです。

大切な時間を無駄にしたという悪印象を残します。

読みやすいコンテンツ

読みにくい文章では読む側も疲れます。文章をぎっしり固めるのではなく、適度に改行を入れてください。

それだけでも読み手の負担を軽くできます。

改行以外の方法では、段落を入れるのも効果的で、改行を入れるのと同様の効果があります。

理解しやすいコンテンツ

文章の構造が複雑であればあるほど、読み手は意味をくみ取るのに労力を使います。

そのため、複雑な文章を避けて理解しやすい文章にしてください。

理解しにくい、複雑な文章を使わないように心がけましょう。

目次を作る

ユーザーの利便性を高めるための目次を用意してください。

コンテンツの全体像が把握しやすく、求める答えに到達しやすくなり、ユーザーの滞在時間が長くなります。

ユーザー目線でサイトをチェック

ページ平均滞在時間をのばすためには、ユーザーが快適に使えるサイトを目指すことです。

コンテンツをアップするだけで終わりにせず、自分自身も顧客としてサイトを使ってみましょう。

ユーザー目線で自分のサイトを見ると改善点が見えてきます。

使いにくい、不便だと感じた部分を改善していきましょう。

そしてユーザーの利便性を高めるように、上述した改善方法のまとめを参考にしてみてください。