Placeholder image

【担当者必見】離脱率を改善するメリットと方法まとめ

Webサイトを集客や顧客の窓口として使用している場合、注意すべきことはいくつかあります。

そのひとつが離脱率です。訪問者がブラウザを閉じてしまう確率を示す離脱率を改善することは、非常にメリットがあり、売上アップのためには必ずすべきことのひとつといえます。

離脱率改善のメリットとその方法についてまとめていきます。
目次
  1. 離脱率改善のメリット
  2. 離脱率を改善させるための方法
  3. 離脱率を改善して効率的なWebサイトを作ろう

離脱率改善のメリット

自社のWebサイトの閲覧をしている際に次のページに移ることなくウインドを閉じてしまうことを離脱といいます。

この離脱率が高いと、Webサイトがしっかりと集客などにつながっていないことなどから様々なデメリットが生じてしまうでしょう。

反対に言えば、離脱率を改善させることができるということには様々なメリットがあるということです。離脱率改善のメリットをまとめて紹介します。

集客や依頼の獲得につながる

webサイトを作成する理由や目的は様々ありますが、離脱率が高ければその目的を果たすことができていないということです。

何らかの方法により改善できれば売り上げにつながるでしょう。

費用を抑えることができる

企業のwebサイトの作成を無料ツールを使用して完全自作することはあまりありません。

おおよその場合は、Webサイト作成の業者やフリープログラマーなどに依頼するほか、フォトグラファーなどに依頼してWebサイトを作成していきます。

離脱率が高いということは、利益につながらないということで、費用ばかりが掛かり売り上げにつながりません。

獲得1件当たりにかかる費用を下げるためにも、離脱率を改善することは必要です。

拡散につながる

離脱率が高いということは、そのほかのページが閲覧されていないということです。

一般的にいくつかのページが閲覧されてはじめてそのWebサイトに価値が生まれます。

そののちにSNSなどを通じて拡散されることにつながっていくので、離脱率が高ければ拡散される可能性が低いということです。

離脱率を改善し、拡散されれば、それだけで広告につながります。

離脱率を改善させるための方法

離脱率を改善する方法はいくつかあります。代表的な方法をまとめて紹介するので参考にしてください。

コンテンツの内容を変更

コンテンツ・内容が魅力的でなければ、わざわざ閲覧しようと思う人はいません。

そのためコンテンツ全体を見直して魅力的なものに作り替えることが重要です。

競合他社と差別化はできているのか、文章の長短、読みやすい文体なのか、わかりやすく読みたいと思わせる見出しがあるかなどをチェックするとよいでしょう。

そもそもビジュアルが魅力的でないと、次の段階に進まないこともあるので、デザインにも注意が必要です。

コンテンツやリンクの配置の見直し

いくら魅力的なコンテンツがあったとしても、肝心の売上につながるリンクボタンや入力フォームが見つけにくく、打ち込みにくい位置や配置になっていては、作業途中で離脱してしまう可能性があります。

それらのことを避けるために、コンテンツの配置には十分な注意が必要となります。

わかりやすい配置にするほか、色分け、わかりやすい入力例を添えるなどといった工夫をするとよいでしょう。

モバイルの最適化と読み込み時間の短縮化

Webサイトは様々な端末から閲覧することができるようになってきていますが、Webサイト自体が対応していなければ表示されません。

あるいは見にくい表示となってしまい、そうなると離脱してしまうでしょう。これを改善することが必要となります。

また、サイトの読み込みに時間がかかってしまうと、閲覧するまでもなく離脱してしまう可能性は高いです。

いくら魅力的なコンテンツを用意しても閲覧されないことになるので、インパクト重視で重いサイトを作るのではなく、必要な情報を知ることができる、読み込み時間の短いサイトを作ることも必要となります。

離脱率を改善して効率的なWebサイトを作ろう

離脱率の高いWebサイトは、ただあるだけのWebサイトで売上・利益につながることは少なく、あまり意味がありません。

そのため、Webサイトを作成したのならば、離脱率をしっかりと調べ、改善のための工夫をすることが必要です。

改善のための方法もいくつかあるので、実践して魅力的なWebサイトを作成して、効率的にWebサイト活用してください。