Placeholder image

【担当者必見】ユーザーが求める使いやすいwebサイトの条件とは?

円滑にwebマーケティングを行いたいなら、ホームページを作成する時に様々な工夫が必要になってくるでしょう。

重要な要素の一つとしては、ユーザーが使いやすいと感じるページにする事が挙げられます。

ページの読み込み速度や情報量などの面からみると、使いやすいwebサイトにするための多くの条件が存在するため、これから述べていく内容を参考にしてみてはどうでしょうか。
目次
  1. ユーザーはテーマがはっきりしているwebサイトを好んでいる
  2. 使いやすさに関係しているのはwebページの読み込み速度
  3. ユーザーがすぐに目的を達成できるような構成にしよう
  4. 使いやすいサイトにする条件はユーザー目線で作る事

ユーザーはテーマがはっきりしているwebサイトを好んでいる

webマーケティンングをきちんと進めていきたいなら、制作したホームページのテーマが分かる様にデザインすると良いでしょう。

どこの企業が作ったホームページであるか、何の目的で情報を公開しているのかという事を、一目見ただけでしっかりと伝わるように工夫する必要があります。

一般的に、興味のないページに長々と滞在したいと思うような人は多くないでしょう。webページにやって来てくれるユーザー達は、できるだけ無駄な時間を使いたくないと考えています。

そのため、ユーザーの目的に合致したホームページであるかどうかを、判断できるようにする事が大きなポイントとなります。

目的に添ったホームページだという事が区別できなければ、すぐに飽きられてしまい、別のサイトへ移動してしまうユーザーが増えてしまいます。

手間と時間をかけて作り上げたホームページに、きちんと目を通してもらうためには、タイトルをページ上部に記載したり、重要な文字の色を変更して強調させたりして、積極的に工夫を取り入れていくべきでしょう。

使いやすさに関係しているのはwebページの読み込み速度

webページが表示されるまでに、何十秒も時間がかかってしまうと、その間に訪問してくれるはずだったユーザーが離れていってしまう事があります。

来てくれるはずだったお客さんを逃してしまう事ほど、惜しい状況はありません。ホームページを制作した後は、実際の読み込み速度を確認してみて、問題がないかチェックしていく事が大切です。

ページ内に多くの情報を詰め込み過ぎると、読み込み速度が遅くなってしまうため、注意する必要があるでしょう。

動画を閲覧できるようにしたり、いくつもの画像を掲載していると、ページの情報量が重くなりやすいです。ホームページを作る前に、掲載する情報の選定は慎重になるべきかもしれません。

▼こちらの記事もおすすめ

【2019年版】サイト表示速度が速いサーバー一覧

https://pwanext.com/e3-80-902019-e5-b9-b4-e7-89-88-e3-80-91-e3-82-b5-e3-82-a4-e3-83-88-e8-a1-a8-e7-a4-ba-e9-80-9f-e5-ba-a6-e3-81-8c-e9-80-9f-e3-81-84-e3-82-b5-e3-83-bc-e3-83-90-e3-83-bc-e4-b8-80-e8-a6-a7



ユーザーがすぐに目的を達成できるような構成にしよう

訪問してくれたユーザーが他の商品・サービスを知りたくなった場合や、別の情報を知りたくなった場合は、すぐにそれらの情報が見つけられるような構成にすると良いです。

関連する商品・サービスの情報が簡単に捜せるように工夫しましょう。webサイトの特徴を最大限に発揮する為には、検索のしやすさに注目する必要があります。

新しい情報に興味が湧いたとしても、探すのに時間がかかってしまったり、見つからなかったりすると、得られたかもしれない利益を失うだけではなく、不満の原因になってしまう事があります。

宣伝を行う商品に関連した物が多数ある場合は、近くにリンクをまとめておく事が重要なポイントです。そういった工夫を積み重ねる事によって、使いやすいサイトに変わっていきます。

他の情報に興味が無い人の場合は、似たジャンルの商品やサービスのリンクを近くに表示しておく事で、別のページにも目を通してくれる可能性が高くなります。

不特定多数の人に宣伝できる事がメリットとなる、webサイトの特徴を活かさない手はありません。興味の薄い人がホームページを閲覧する可能性も考えて、しつこくならない程度にアピールしていくと良いでしょう。

使いやすいサイトにする条件はユーザー目線で作る事

ユーザーに使ってもらいやすいサイトにしたいなら、相手の目線に立って作る事が大切です。

テーマが分かりやすいようにデザインを行い、知りたい情報に簡単に辿り着けるように構成を工夫する必要があります。

情報の詰め込みすぎなどで、ページの読み込み速度が遅くならないようにするのも大切な事です。

webマーケティングを成功させるためには、ユーザー目線でホームページを作り込む必要があるでしょう。