Placeholder image

【担当者必見】モバイルサイト改善・見直しに使えるチェックリスト

モバイルサイトの改善や見直しを行おうとしている人に向けて、チェックリストをまとめました。

webサイトに訪問してくれた人達に、快適に利用してもらうためには、いくつの問題点があるのかを把握した後に解決をはかる必要があります。

webマーケティングを成功させて利益を上げたいという人や、お客さんを増やしたいと考えている人は、参考にしてください。
目次
  1. モバイルサイトを良くするために最初に注目すべきポイント
  2. 大まかなサイトの構成が見えてきた後に気を付けるべき事
  3. スマートフォンで操作する事を忘れないようにしよう
  4. モバイルサイトを改善するためのポイントは一つ一つ確実に行っていく事

モバイルサイトを良くするために最初に注目すべきポイント

一目見た時に内容が分かるように

チェックリストにある項目の中では一番大事な内容となるでしょう。

通勤時間や休憩時間などでwebサイトを閲覧している人のために、分かりやすいデザインにする事が大事です。

閲覧しているwebサイトがどんなテーマを掲げているのか分からないままだと、早々に他のサイトに移動してしまう可能性が高くなってしまうため、自分の目的に添ったwebサイトかどうか、一目で判断できるようにしておくのが理想です。

スマートフォンの画面サイズを考えてページを作ろう

スマートフォンなどでwebサイトを閲覧する事が多くなったため、パソコン用に作られたサイトをそのまま使用していると違和感を感じてしまう事が多いでしょう。

画面のサイズを意識しながら、サイトを小さめに作り直していくと良いです。面積の大きな画像や、場所をとるコンテンツはサイズに合わせて小さくするか、省いてしまうと良いです。

ページを縦に長くしすぎないようにしよう

スマートフォンでwebサイトの記事を読んでいく時は、スクロールしながら目で文字を追いかける事になります。

しかし、あまりページを長くしすぎると、指が疲れてしまうためおすすめできません。

ページが長い場合は、短くなるように調節すると良いでしょう。

サイトを閲覧している人は、ちょっとした空き時間にスマートフォンを手にとっている事が多いからです。

ポップアップ広告を少なくしておこう

商品やサービスを宣伝する役割を担うポップアップ広告が多くなりすぎると、閲覧の邪魔になってしまいます。

ページを移動する度に広告が出てくる事が続くと、そのwebサイトを閲覧し続ける意欲がなくなってしまうでしょう。

空いた時間に手間をかけずに、情報を知りたいという人が多いため、広告の数を調整する必要があります。

大まかなサイトの構成が見えてきた後に気を付けるべき事

読みやすい文字の大きさを意識して

画面の中に小さな文字がいくつも並んでいると読みにくくなってしまいます。

特に高齢者が利用するようなサイトで、文字の大きさの設定を間違えると、様々な問題が起きてしまうでしょう。

記載されている内容を間違えて読み取ってしまう事もあるため、注意が必要です。

スマートフォンの画面で表示した時に視認しやすい大きさの文字になるよう、しっかりと調整しておくべきです。

リンク部分は小さくしすぎないように

スマートフォンを使用している場合は、指で操作する必要があります。

そのため、表示されているリンクの隣に別のリンクがあったりすると、間違ったページに移動してしまう可能性が高くなってしまうでしょう。

快適に利用できるウェブサイトに改善したいなら、リンク部分を小さくしないようにすると良いです。

情報は少なくして完結にまとめる事が重要

モバイルサイトでは、情報を詰め込み過ぎない事が重要です。

情報が溢れていると、内容の読み取りで時間がかかってしまいますし、結論が分かりにくくなってしまいます。

一番重要な要素となる結論が分かりづらいままだと、訪問者の不満が溜まりやすくなりまるでしょう。

1ページに収める情報は、できるだけ少なくするべきです。

スマートフォンで操作する事を忘れないようにしよう

操作に時間をかけさせないようにする

操作に時間がかかるようなwebサイトにはしない方が良いです。

モバイルサイト用に改善するなら、手順をいくつも踏まなければならない操作は、省いてしまった方が良いでしょう。

モバイルサイトを閲覧している人達は、長時間拘束される状況を良く思わない事が多いからです。

なるべく手早く操作できるよう、工夫する事が重要なポイントとなります。

文字入力が必要な操作は極力少なくしよう

文字入力が必要なwebサイトは、操作する際に多くの時間がかかるため、あまりおすすめできません。

タッチやスクロールなどの、指一本あればできる操作で、完結するように改善するべきでしょう。

操作時間を短くすると、サイト内の記載された情報の読み取りに集中してもらいやすくなります。

ページとページを移動する手間を少なくする事

モバイル用のサイトでは、ページ間を移動する手間がかからないようにしましょう。

スマートフォンの扱いに慣れない人だと、移動の操作だけでも、手間取ってしまう人が多いです。

特に子供や高齢者の場合は、使い方を覚えるまでに時間がかかるケースが少なくありません。

そういった人達に快適に閲覧してもらうために、サイトの構成を工夫する必要があります。

モバイルサイトを改善するためのポイントは一つ一つ確実に行っていく事

モバイルサイトの改善を行おうとすると、気を付けるべきポイントが多い事が分かるでしょう。

しかし、サイトの構成やデザインなどは、簡単に変えられる事ではありません。

チェックリストにある項目を一気に消化しようとせずに、一つ一つ確実に手を付けていく事をおすすめします。

時間と手間がかかる作業になるのは当然の事であるため、焦らずに丁寧に確認していくのが重要です。