Placeholder image

【担当者必見】ページ表示速度の重要性と改善するメリット一覧

Webページを閲覧する際にページ表示速度が遅くイライラした経験はありませんか。

ページ表示速度は、検索結果における上位表示や、サイトを訪問したユーザーの動向に深く関係しており、Webマーケティングを行う上では重要な要素の一つです。

この記事では、ページ表示速度の重要性と改善することで得られるメリットについてまとめて解説します。
目次
  1. 直帰率の改善
  2. コンバージョン率の改善による収益の上昇
  3. 検索結果の上位表示に良い影響を与える
  4. 顧客満足度やアクセス数の上昇
  5. ページ表示速度の改善によって得られるメリットまとめ

直帰率の改善

日本ラドウェア株式会社の調査によると、「主なコンテンツが表示され、サイトが使用可能になるまでの時間(=操作開始時間)が3秒のサイトは1秒のサイトに比べ、直帰率は50%上昇する」という結果となっています。

また、Googleは、分析の結果、「モバイルサイトの読み込みに3秒以上かかる場合は、訪問の53%が放棄されます。それは大きな問題です。」との見解を述べています。

つまり、ページ表示速度が遅いことで、サイトを訪問したユーザーは、サイトを離脱(サイト外への移動)、最悪の場合には直帰(1ページ目しか見ることなくサイトを離脱)してしまうのです。

ページ表示速度を改善することで、直帰を減らし、ユーザーがサイト内に滞在してコンテンツを閲覧してくれるというメリットがあります。

コンバージョン率の改善による収益の上昇

さらに、日本ラドウェア株式会社は、「主なコンテンツが表示され、サイトが使用可能になるまでの時間(=操作開始時間)が3秒のサイトは1秒のサイトに比べ、コンバージョン率は38%低下する」との調査結果も出しています。

そして、Amazonは、「ページ表示速度が0.1秒遅くなると、売り上げが1%減少し、1秒高速化すると10%の売上が向上する。」と述べています。

ページ表示速度は、コンバージョン率にも影響があるのです。ページ表示速度が遅いと、ユーザーは購入や申し込み、登録といった行動に移る前にサイトを離脱してしまいます。

ページ表示速度を改善することで、商品の購入数や申し込み数、登録数などが増えて売り上げも増加します。

この結果、収益の上昇というメリットが得られます。

検索結果の上位表示に良い影響を与える

Googleは、ページ表示速度が検索結果の表示の順位に影響があることをすでに公表しており、「遅いサイトの順位が下がるのではなく、速いサイトの順位が上がる」としています。

つまり、サイト内のコンテンツにせっかく工夫を凝らしても、ページ表示速度が遅いようでは検索順位は下がってしまうということです。

SEO対策で行った様々な施策を無駄にしないためにも、ページ表示速度にも配慮したサイト構築を心掛けましょう。

ページ表示速度を改善することで、検索結果の上位表示に良い影響を与えるというメリットが期待できます。

顧客満足度やアクセス数の上昇

ページ表示速度は、顧客満足度にも大いに影響を与えています。

ページ表示速度が速いサイトは、ユーザーがストレスなくページ閲覧や操作を行うことができます。

この結果、サイトを訪問したユーザーの満足度は高くなります。

顧客満足度の高いサイトには、再びユーザーが訪問します。

逆に、ページ表示速度が遅く、ページ閲覧や操作に不快感をもったユーザーは、顧客満足度が低くなり、そのサイトを再び訪問する可能性は低くなります。

また、これまで述べてきたページ表示速度の改善によって得られるメリットをまとめると、「直帰率の改善」、「コンバージョン率の改善による収益の上昇」、「検索結果の上位表示に良い影響を与える」、というものがありました。

これらの複合的な改善効果により、アクセス数の上昇も期待できます。

ページ表示速度の改善によって得られるメリットまとめ

ページ表示速度を改善することで、直帰率が下がるとともに、コンバージョン率が改善されて収益が上昇するというメリットがあります。

また、ページ表示速度の改善は、検索結果の上位表示に良い影響を与えます。

さらに、サイトがユーザーにとってストレスなく閲覧や操作ができるようになった結果、顧客満足度が上昇するというメリットも得られます。

以上の複合的な改善効果により、アクセス数も増大するという効果があります。