Placeholder image

【担当者必見】スマホサイトのCVRをあげるカギは表示速度にあった!

スマホサイトを運営するときに重要になるのがCVR(コンバージョン)です。

見込み客がホームページを訪れてサービスを利用してくれる確率を上げることにより収益も上がります。

CVRを上げるにはスマホサイトの表示速度を重視しましょう。

ここではスマホサイトの表示速度を上げるためのコツをいくつか紹介するので理解しておきましょう。
目次
  1. 動画や画像サイズを小さくする必要がある
  2. jQueryを使いすぎるとサイトの表示速度に影響する
  3. AMPを使ってみよう
  4. 専用サーバーを使うとよい
  5. 自身のサイトに適した対策をする

動画や画像サイズを小さくする必要がある

スマホサイトを作るときには特に表示速度を重視します。

表示速度がアップするとコンバージョン率も上がります。

まず自身の運営しているホームページはどれくらいの表示速度なのかチェックしておきましょう。

ページスピードを調べるにはスピードチェックツールを使用します。

Webページの表示速度を可視化することができるので対策を行うときに使えます。

チェック後サイトのスピードが遅いと判明したときには、サイト内にある画像や文字などの情報を改善します。

レスポンシブデザインを採用しているサイトでは画像や動画をPCとスマホサイトで共有しています。

PCメインでホームページを作成している場合、画像や動画サイズを大きくしているサイトもあります。

画像や動画サイズが大きいならサイズダウンをしましょう。

動画と画像のサイズは大きいほど読み込みスピードが遅くなってしまいます。

jQueryを使いすぎるとサイトの表示速度に影響する

WebサイトではjQueryを使っているところもあります。

これはジャバスクリプトのライブラリであらゆる機能を使えるツールです。

jQueryを利用すればアニメーションを利用した華やかなホームページを作ることができます。

ただし使いすぎるとサイトの表示速度が非常に遅くなってしまうので注意が必要です。

改善策としてジャバスクリプトを圧縮しましょう。

ファイルごとに圧縮をしてからデータを読み込ませると表示速度は改善可能です。

AMPを使ってみよう

モバイルからホームページを利用している人に対応するのがAMPです。

AMPはモバイルユーザーが快適にホームページを閲覧するためのオープンソースプロジェクトです。

利用をすることでサイトの高速化をすることができます。

現在、自身のスマホサイトがAMPに対応している場合は、検索結果に雷の印がつきます。

GoogleのクローラーはAMPにページをキャッシュする特徴があります。

検索クエリと関連性のあるキャッシュだとクローラーが判断した場合、検索結果とキャッシュされたURLがリンクされる仕組みをしています。

これによりページへのアクセススピードが急激にアップするので、AMPをうまく利用すればサイトの表示速度を最適化できます。

AMPは制約もいくつかあるので、すべてのページに適しているわけではありません。

ニュースサイトやブログなどの、文章がメインなコンテンツ運営に向いています。

逆に動的な要素を持つコンテンツには向いていないので、自身の運営するサイトがどのようなものなのかを考慮してAMPを使いましょう。

専用サーバーを使うとよい

ホームページを公開するにはサーバーを使います。

サーバーを選択するときにはサーバースペックを重視しましょう。

基本的にサーバースペックが高いほどスマホサイトのホームページ表示速度が上昇します。

例えばメモリの数が多いほど処理速度がアップし、CPUとコア数の多いサーバーほどサイト表示速度が上がります。

一般的にサーバーは共有サーバーと専用サーバーがあります。

共有サーバーは多くのユーザーが回線を共有している仕様をするため表示速度は遅いです。

逆に専用サーバーは顧客がサーバー1台をまるごと占有することができます。

表示速度は共有サーバーよりも圧倒的に速く使いやすいです。

自身のサイトに適した対策をする

スマホサイトの表示速度を改善するときには、まず自身のサイトがどのような状態なのかチェックします。

サーバーに問題があり表示速度が遅くなっているのならスペックの高い専用サーバーを使ってみましょう。

サイトに問題があるのなら画像や動画を小さくします。

jQueryを多用しているサイトならジャバスクリプトを圧縮してサイト表示を改善するとよいです。

静的なサイトならAMPを使用してスマホサイト表示速度の最適化をしましょう。