Placeholder image

【実装前におさえておきたい】プッシュ通知のメリット・デメリット

LINEなどには、プッシュ通知と呼ばれるツールがあり、ユーザーに、店舗情報や新商品の情報などをリアルタイムで届ける事ができます。

そのため、企業でもプッシュ通知を活用している動きが広まっていると言われています。

しかし、プッシュ通知にはもちろん多くのメリットがありますが、使い方次第ではデメリットになる可能性もあります。

どこで今回はプッシュ通知のメリット、デメリットについて詳しく解説します。
目次
  1. メッセージに反応してくれる可能性が高い
  2. プッシュ通知の内容や頻度によってはユーザーに迷惑がられてしまう!
  3. メリット、デメリットを把握した上で活用しよう!

メッセージに反応してくれる可能性が高い

プッシュ通知とは、自社サービスにおける様々な情報をユーザー側に通知できる仕組みを指します。

近年ではアプリはもちろん、WEBブラウザからもプッシュ通知が可能となっています。そんなプッシュ通知には様々なメリットがあり、そのひとつがメールとは違い、ユーザーがアプリを起動していない時でも通知を送る事ができるという点です。

プッシュ通知は、アプリが起動されていない状態でもユーザーに情報を送付できる唯一のツールとなっており、アプリにとっては必要不可欠なツールと言えるでしょう。

そのため、ユーザーがプッシュ通知の内容に反応してくれる可能性が高くなるというメリットももたらしてくれます。

プッシュ通知は、開封すると自動的にアプリが起動するという特徴があり、ユーザーが反応しやすくなっている仕組みが確立されています。

またプッシュ通知の場合、配信はアプリを利用しているユーザーのみの限定配信なので、メルマガと比較すると開封率が高いというメリットもあります。

さらに他メディアの情報と比べると即時性が高い点もプッシュ通知のメリットです。期間限定のクーポンなどを通知したりする事も可能なため、店舗への集客方法として効果があると言われています。

他にもプッシュ通知には、セグメント化した上で情報配信ができる点もメリットです。

セグメントとは配信先のユーザーを絞る事であり、例えばA地域のイベント情報を別のB地域に住んでいる人に配信しても意味がありません。そのような場合、プッシュ通知であれば、A地域に住んでいる人のみに限定配信する事ができます。

また、性別や年代などにセグメント化して配信する事も可能です。そのためプッシュ通知は様々なビジネスにおける広告宣伝の手法としては最も効果的とも言われており、商品やサービスを販売する上でも欠かせないツールとなっています。

プッシュ通知の内容や頻度によってはユーザーに迷惑がられてしまう!

プッシュ通知のデメリットの一つに挙げられるのが、配信メッセージの内容や送信する頻度によっては期待するほどの効果が得られない可能性がある事です。

例えば、メッセージ内容が、ただ単純に自社の商品の購入を促すだけだと、ユーザー側にとってはメリットを感じるどころか、逆に迷惑な通知だと思われてしまう可能性もあります。

またメッセージを頻繁に配信したり深夜の時間帯などに配信しても、ユーザーの満足度は下がってしまい、メッセージに対してアクションを起こす確率は低くなります。

そうなると、ユーザーが配信されてきたメッセージを読まないだけでなく、同じようなメッセージが送られてこないようブロックしてしまう場合もあります。

プッシュ通知は情報を伝える方法としてはとても有効と言えますが、集客力を高めたい、商品を購入してもらいたいなど発信者の都合で、通知を一方的に行える方法でもあります。

そのため、使い方を誤るとユーザーに対してマイナスイメージを与えてしまいかねません。ユーザーの利用状況を十分に考慮しながら適切と思われるタイミングで配信する事が大切です。

メリット、デメリットを把握した上で活用しよう!

プッシュ通知は、開封率が高く、メッセージに反応してくれる確率も高いといったメリットがあり、集客力の向上や商品の販売向上を目指す企業などにとっては有効な広告手法であり、必要不可欠なツールと言えるでしょう。

一方、メッセージを頻繁に配信してしまうとユーザー側が迷惑に感じてしまう可能性もあります。

メリットとデメリットを十分に理解して上で、有効に活用していくのが利用する側にとっては大切と言えるでしょう。