Placeholder image

CVに直結する、ページロード時間と直帰率との関係とは

CVに直結する、ページロード時間と直帰率との関係は切っても切り離せないものでしょう。
webマーケティングに力をいれたい時は企業が管理しているサイトのページロード時間に目を向けてみてはどうでしょうか。
直帰率との関係が深いため、ページロード時間の短縮に成功する事で、成果に繋がりやすくなるでしょう。企業で運営しているサイトがある場合は、参考にしてみてください。

目次
  1. webマーケティングで重要なサイトのページロード時間
  2. ページロード時間が遅いと閲覧者がwebサイトへの来訪をやめてしまう
  3. ページロード時間を短くする事によって問題解決を図る
  4. 内容を目に通してもらうためにはページロード時間を短くすべき

webマーケティングで重要なサイトのページロード時間

webマーケティングを行う際には、内容や見た目に注目しがちです。

見た目のインパクトは大事ですし、クオリティの高い商品やサービスを閲覧者の目を目につきやすくする事も十分に重要でしょう。しかし、webマーケティングで大事なのは管理しているサイトのページロード時間です。

なぜなら、webサイトを見た時に、実際のページが表示されるまでにかかる読み込み時間が長いと、閲覧者が興味をなくしてしまう事があるからです。

パソコンでネットを使用する時の感覚と同じでいては、企業の運営もうまくいかなくなってしまうでしょう。

商品や・サービスを取り扱っているなら、それらに目を向ける人達の環境に想像を働かせる必要があります。

時代の流れと共に、スマートフォンを利用してwebサイトを閲覧する人が多くなった事で、webマーケティングをとりまく状況が変わってきました。

机に座ってじっくりとwebサイトを眺めるよりも、隙間時間や空き時間を利用してwebサイトを閲覧していく事が増えてきている事が関係しています。

年齢層や個別の状況にもよって細かな違いは存在するのでしょうが、全体的に通勤・通学の公共交通機関の中や休憩中の時間の中でスマートフォンを手に取る人が増えてきました。

結果に繋がるwebマーケティングを行いたいなら、そういった利用環境にも目を向ける事がポイントです。

ページロード時間が遅いと閲覧者が
webサイトへの来訪をやめてしまう

ページの読み込み速度が遅いと閲覧者がwebサイトの来訪をやめてしまう事が多いです。短い時間の中でぱっとみられるものを探している人達が多いため、ページの表示に時間がかかるようなサイトは避ける傾向にあるのでしょう。

そうなると、再びそのサイトに訪れる確率もぐんと下がってしまい、つぎの商品・サービスのアピールや集客の機会に繋げられなくなってしまいます。時間や費用をかけてサイトを作りあげたとしても、webページを実際に見る人がいなくなってしまっては意味がありません。

結果として、ページロード時間が遅いと直帰率が高くなります。操作時に不便を強いられる事で不満が貯まり、企業イメージの低下に繋がってしまう事も少なくないでしょう。リンク先のページが操作可能になるまでの時間が、 2秒間遅くなるだけでも、 直帰率が50%増加してしまいます。

サイトの表示までにかかる理想的な時間は約3秒になりますが、それができるサイトは限られているのが現状です。

それほど表示の高速化は難しいという事になるのでしょう。

実際に小売業の主要サイトでは、一年の間にページの読み込み時間が22%も低下している状況です。

参考サイト:https://webtan.impress.co.jp/e/2014/07/08/17757

ページロード時間を短くする事によって問題解決を図る

webマーケティングに力を入れるならば、ページロード時間の短縮に目を向けてみると良いでしょう。

なぜなら、サイトを来訪した人の滞在時間を長くする事で、様々な恩恵を得る事が可能になるからです。

時間を短くする一番のメリットは、操作性の快適さで企業イメージを上げたり、商品の購買やサービスの利用を促す事で収益アップに繋げられる事でしょう。

また、ソースコードの最適化でwebページの無駄を省く事ができますし、内容の見直しにもなります。サイトの内容は充実しているにもかかわらず、閲覧数が伸びないという場合に、見つめなおしてみてはどうでしょうか。

魅力的なサイトは、実際に閲覧してもらう事によって、十分な効果を発揮します。webマーケティングに力をいれたものの、思う様な結果に繋がらずに悩んでいるならば、ページロード時間を短くする事によって問題解決を図るのも一つの方法ではないでしょうか。

内容を目に通してもらうためにはページロード時間を短くすべき

スマートフォンからwebサイトを閲覧する機会が多くなった現状を考えながら、webマーケティングを行う必要があります。

サイトを訪れた人に、しっかりと内容を目に通してもらうためにはページロード時間を短くすると良いでしょう。

そうする事で、収益アップやイメージアップにつなげる事ができます。直帰率の高さが気になるならば、改善の必要があるかもしれません。